やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第3次応募作品】

なんでそんなに早くいなくなってしまったの
もっといっしょにいたかったよ
だからこれからはここでお話ししようね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈絆乃・鳥取県・17才・女性〉からの投稿

47歳の若さで亡くなってしまった父への思いです。両親の離婚で離れている時間の方が多かったですがわたしに尽くしてくれました。仏壇やお墓も離れているためお線香を毎日あげられないのが悲しいですが、お線香をあげたときはたくさんお話して会えない分の時間を埋めたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ