やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

ご飯、ちゃんと美味しいですか?
夜、ゆっくり眠れていますか?
お母さんが笑顔なら、それだけで充分です。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かよこ・石川県・26才・女性〉からの投稿

母はガンで7年間、辛い闘病生活をしていました。7年間、抗癌剤の副作用で、好きなご飯も食べらませんでした。夜も不安で眠れず、毎晩泣いているのを近くで見ていました。大好きな母がちゃんと美味しくご飯を食べられて、夜もゆっくり眠れていれば、私はそれで充分に幸せだと感じるのです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ