やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

母さんが心配していた娘の学校
今日が卒業式ですよ
一緒に行ってくれますか

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆめこ・千葉県・59才・女性〉からの投稿

体が弱く人並みに通学できない娘のことを母は生前とても心配してくれていて、会うたびに「大学はあと何年かかるの?あきらめないでね。楽しみにしているよ。」と言っていました。残念ながら娘の卒業を待たずに他界してしまいましたが、娘は母の思いをエネルギーに最後までやり遂げることができました。母もきっと喜んでくれていると思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ