やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第3次応募作品】

主を亡くした庭の桜の木が
今年も涙の花を散らしているよ
ちゃんと、分かるんだね、お父ちゃん。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈てるちゃん・栃木県・50才・男性〉からの投稿

父が植えて育てた桜は父に感謝するかのように咲き誇りとてもきれいです。でも、やがて散るときが来て、風に舞う花吹雪は、父を恋しいと大きな涙でまるで泣いているような感じがします。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ