やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第14次応募作品】

天国から知らせてくれたんだね。
お陰で妹はガンの早期発見だったよ!
大好きだった『藤』のお香で手を合わす。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈いちご・埼玉県・49才・女性〉からの投稿

春に父の七回忌、母の3回忌の法事をお寺でしました。その時に何の気無しに妹が体にシコリみたいなのがあるんだ。と言っていましたが本人は軽く考えていて、家族みんなから、早く病院で検査してくるよう強く言ったところ、ガンが発覚しました。父母も癌で亡くなっている為、きっと法事で皆が集まる時に知らせてくれたのだと感じました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ