やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第6次応募作品】

いつもそばにいるから言えるって思ってた。
いつかじゃ、言いそびれてしまいそうだから
今、ここで…「ありがとう」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈Kumu・千葉県・42才・男性〉からの投稿

両親がボクのためにしてくれたことの何倍も親孝行したいのに何分の1だって返せてない。いつまでもそばにいるって、いつまでも支えてくれるって思ってた。いつかじゃ、言いそびれてしまいそうだから、せめて「ありがとう」を伝えたい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ