やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第15次応募作品】

いつも造花で ゴメンね
お供えの餅 食べてるかな
今日は 特別、お酒だよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ここのか・東京都・49才・女性〉からの投稿

父親は寝たきりの生活が長かったが毎日の晩酌を楽しみにしていた。お餅が好きな人で、喉につまらせながらも意地でも食べる頑固者だった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ