やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[仕事で関わった子どもたちへ]の想い 男性 30歳代

【第16次応募作品】

真っ白な一枚の画用紙に
君が好きに描いた色鮮やかな世界は
君のみえる景色を色鮮やかに彩り始める

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈陸・沖縄県・33才・男性〉からの投稿

「子どもたちが、想像力を制限することなく未来を自由に描いてほしい。」気持ちを三行詩にしてみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ