やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第16次応募作品】

ウェディングドレスは見せられなかったけど
夫婦で「身の丈に合った生活」しています。
お祖父ちゃんのアドバイス、忘れないよ!

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈しの・宮城県・35才・女性〉からの投稿

結婚が決まった頃に、祖父の癌が見つかりました。なんとかウェディングドレス姿を見せたかったのですが、叶わず...。 私が結婚するにあたり、祖父が贈ってくれた言葉が、「身の丈に合った生活をしなさい」でした。「上を見ても、きりがない。下を見ても、きりがない。」結婚後、何度も思い出しては生活を立て直してきました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ