やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第16次応募作品】

あれ?この匂い
脳裏に浮かぶ
実家で囲んだ美味しい料理

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さくたん・愛知県・23才・女性〉からの投稿

地元を出て一人暮らしを始め、中々実家に帰れずたまに食べたくなる親の手料理。ふとどこからか似たような香りがしてきて恋しくなります。当たり前の様に食べてましたが、暑い夏、寒い冬毎日作ってくれ離れて気付いたありがたみ。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ