やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第16次応募作品】

「一人1品」と、
何度何度も催促されたけど、
今となっては、聞けぬ寂しさよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈カネコ・熊本県・36才・男性〉からの投稿

手作り料理が大好きだったおばあちゃんは、2年間の点滴療養を終え、今年8月亡くなりました。食べることが大好きだった、おばあちゃんの口癖。「一人1品作ってもってけー」今となっては、みんなが集まって、わいわいすることを楽しみにしていたんだろうなと、線香をあげながら感じています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ