やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第16次応募作品】

チーンとならし手を合わせ
漂う香りで思い出す
貴方の顔と話し声

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈HARUKA・香川県・28才・女性〉からの投稿

物心ついて死に対してちゃんと理解をしはじめた頃無くなった祖父初孫としてべた可愛がれた私もう会えないと分かっていてもどこか異空間に居たような記憶が祖父母の家に行くと毎回仏壇の前に座りチーンならし手を合わせる祖父がいた頃はきちんとしなさいと怒られながら亡くなった後は話が出来る唯一の場所として会いに来たよとまた来るねを

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ