やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第16次応募作品】

久々に実家に帰り仏壇に手を合わせた。
線香の煙は、ばあちゃんの所まで届くかな。
ばあちゃん、ひさしぶり。私は元気だよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈春野もも・大阪府・20才・女性〉からの投稿

「空の上の祖母のもとまで、線香の煙はきっと届いている。線香という存在を通して、亡くなった祖母を少しだけ、身近に感じることができた気がした。」このような思いを込めて三行詩を作りました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ