やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第16次応募作品】

お父さん見かけたよスーツの波のその向こう
ビジネス街にいまだ心があるのかな
いい香り焚くからね、ゆっくり休んで。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈東大路 たま・兵庫県・54才・女性〉からの投稿

現役ビジネスマンのままこの世を去った父。いまだにバリバリ働いているような気がしてかつて父が闊歩したビジネス街でその姿を探してしまいます。仕事一途な父でした。でももうそろそろゆっくり休んでもいいよ。お線香を焚きながらそう語りかける毎日です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ