やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第16次応募作品】

なあ、おやじ。今日は24回目の命日だな。
と言うことは、せがれも今日で24歳だ。
泣き笑い。思い出すよ、あの日のことを。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈一路・埼玉県・59才・男性〉からの投稿

同じ日、同じ時刻におやじは逝き、私に長男が誕生した。おふくろは「生まれ変わった」と大泣きしながら喜んでいたっけ。あれから24年、仏壇のおやじの写真はマイクを握りカラオケ中。ハッピーバースデーでも歌ってるのかい?なあ、おやじ。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ