やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[親族へ]の想い 女性 50歳代

【第16次応募作品】

毎朝お線香をあげる事が故人への挨拶
手を合わせる事で1日頑張れるから
忘れないよと伝える想いを込めて

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈torako・千葉県・58才・女性〉からの投稿

人は二度死ぬと聞きました。最期を迎えた時と忘れられた時だそうです。なので、忘れないよと語りかける事が故人への供養だと思って毎日手を合わせています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ