やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第16次応募作品】

家に入ると、線香の香りとおばあちゃんの声
ごめん、おじいちゃん
また、おじゃましちゃった?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ちあり・愛知県・40才・女性〉からの投稿

祖父母はいつも一緒にいて、私を可愛がってくれました。祖父に先立たれた祖母を支えようと一時期一緒に暮らしましたが、線香をあげながら祖父に語りかける祖母の姿が目に焼き付いています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ