やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[兄弟姉妹へ]の想い 男性 60歳以上

【第16次応募作品】

墓の雑草を夢中で引っこ抜いて片付けた
しんどいことは僕がやると格好いい
弟をかばった兄ちゃんに、どや顔したる。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さびしん坊・兵庫県・69才・男性〉からの投稿

二人兄弟で年子。いつもかばってくれた兄は四十三で先立ってしまった。一人っ子になった私はしっちゃかめっちゃかの人生を送ってしまった。兄ちゃんがいてくれたらと、ずーっと甘えて、いまも懲りずに兄を守り神みたいに思い続けている。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ