やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第17次応募作品】

いくら私が悩んでたからって
ウチの子の志望校 定員割れにするなんて
さすがだよ、おばあちゃん

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ

〈びーる・神奈川県・51才・女性〉からの投稿

どう考えても勉強不足で不合格になりそうだった娘。それが見事に、定員割れで受験者全員合格。もうこれは、いつも私を可愛がって、人を喜ばせることが大好きだった祖母が私を助けてくれたのだと信じています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ