やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第17次応募作品】

私も50に手が届く歳になりました。
家庭と職場の重圧をひしひし感じています
両親からの、愛情に改めて感謝します?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈饂飩県団扇市民間・香川県・48才・男性〉からの投稿

子供の頃は、めんどくさかった親との会話や日々の親からの小言のようなものに辟易していた。自分が同年齢になり、父母のように家庭生活を送れているか?を自省している。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ