やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第19次応募作品】

いかなごのくぎ煮がやっぱり上手く炊けへん
もう一回教えてくれへんかな
できれば夜じゃなくて昼間にお願い

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈やすよ・兵庫県・36才・女性〉からの投稿

祖母の炊いたいかなごのくぎ煮は最高の味でした。しかしもう食べることはできません。できればもう一回だけでいいので、あの味を教わりたいです。しかし夜に出てこられても怖いので、できれば昼間に祖母にはこそっと出てきて教えてもらいたいと思いました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ