やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第19次応募作品】

どんな声だったか 思い出せるように
毎日あの頃へ巻き戻ります
もう1度消えないで

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈リツ ・福岡県・24才・女性〉からの投稿

父が急死してから今年で10年。仕事でほとんど家にいなかった父の声は、あまり記憶に焼き付いていないけど、忘れたくなくて、話しかけてきた父の声を、忘れないように何度も上書きしています。声を忘れるのは、もう1度父が死ぬような感じがして辛いです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ