やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

白玉クリームあんみつ チェックのシャツ 
御朱印帳 モンブラン 土産話
貴方へ届け この温もり

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈なごみ・神奈川県・22才・女性〉からの投稿

小学生の時、自分で選べることが何一つなかった私に好きな服を選んでいいと言って、すごく時間がかかって迷っても根気よく付き合ってくれて、紫のチェックのかっこいいシャツを買ってくれた祖母。あの時、少しだけ自分を好きになれた気がした。おばあちゃん、私いま頑張って生きてる。あの時おばあちゃんが愛してくれたから腐らずに生きれたよ。ありがとう。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ