やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 30歳代

【第11次応募作品】

あなたの笑顔を忘れかけた頃に
あなたとそっくりの娘が生まれた。
この命を愛とともに紡ぎでいくよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ぴよぴよこ・大阪府・36才・女性〉からの投稿

母が楽しみにしていた孫。母の笑顔の記憶が薄らいでいく日々に、母の笑顔とよく似た笑顔を持つ娘をみて、命と愛は繋がっていくことを感じます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ