やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

亡父さん、お墓が決まり、一安心ですね。
お母さん、お墓参りが日課になったって!
どうぞ、これからも私たちを見守ってね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈竹の子・埼玉県・40才・女性〉からの投稿

亡父の納骨を終えました。亡父の安心した顔が浮かぶようです。母は、毎日、亡父のお寺へ「お父さんに会いに行ってくるわ」と言って散歩に出かけています。父は亡くなった後もこうして、私達家族を一つに繋げてくれている、と感じずにはいられません。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ