やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

3周忌も過ぎた頃、出てきた父の病床の動画
田舎に送ると電話のベル、きっと母だ
受話器を取る瞬間 あのお線香の香りがした

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かきP・東京都・46才・女性〉からの投稿

ついこの間のエピソードです。なかなかお線香をあげに帰省できませんが、仏壇に話しかけているであろう母が目に浮かび、ふとお線香の香りが懐かしくなったので。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ