やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第11次応募作品】

どうして父は黙って死んだのか、と母の日記
父は一杯食べたけど、今は仏様にあげるだけ
何も言わないけど、一人で話してあげる、と

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈Bちゃん・北海道・67才・男性〉からの投稿

 父が死んだときはなにも言わなかった母なのですが、母がなくなってから読んだ日記に、無口だった父のことが書いてありました。父が亡くなった淋しさが切々と胸にせまる日記で、思わず涙が込みあげました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ