やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

言えなかったのかな、言わなかったのかな
父の本当の気持ちが知りたくて
きょうも写真と向かい合う

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈夢糸・奈良県・44才・女性〉からの投稿

三年前、長い闘病生活に耐えて旅立った父。一切弱音を聞く事はありませんでした。元気な頃からもっといろんな話を聞いておけばよかったと、いまだに後悔する事ばかり。せめて強く優しかった父のような生き方をしたいと思っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ