やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第11次応募作品】

定年退職し実家に戻って父の墓参りをした。
お墓に線香をあげ何とか勤め上げたと報告。
後ろにいた母が私の背を見て泣きだした。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ながれやま・東京都・60才・男性〉からの投稿

老いた母が私の背を見て、父にそっくりと言って泣きだした。定年を迎えやっと自由になれた。これからは実家で母と一緒に暮し、母にはリストラに遭って大変だった父の分も余分に長生きしてほしい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ