やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第11次応募作品】

元気しているか
よろしく頼む
元気で行ってくる

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈健市・小黒・新潟県・65才・男性〉からの投稿

今は亡き両親へ、朝、仏壇を参るときに必ず心で想う言葉を綴りました。何事もなく無事に1日を終えられることも迎えられることもご先祖様のおかげであると日々、感謝しています。おやじ、おふくろ、ありがとな!

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ