やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第11次応募作品】

最近よく思い出すんだ
親父が今の俺と同じ歳だった頃のこと
似てきたぞ、価値観、歩き方、それに薄毛も

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈松ぼっくりん・兵庫県・52才・男性〉からの投稿

盆栽のどこが面白いんだと思っていた。今じゃ私の趣味は盆栽だ。息子が思春期になって、話しにくくなった。あの頃、親父も私には寡黙になっていた。親戚の叔母が、私の歩き方が親父とそっくりだと言う。鏡を見て頭を見るたび親父を思い出す。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ