やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第11次応募作品】

誰かの心ないひと言や理不尽さに傷ついた時
お母さん、あなたのことばを思い出します
「お天道さまが見ている」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ヒーコ・栃木県・63才・女性〉からの投稿

私の母はよく故事やことわざを引用して、諭したり励ましてくれました。私たちは、生きていればこそいろいろなことにぶつかりもしますし、様々な個性を持った人とも出会います。そんな中時として正義が通らなかったり傷ついたり、辛い思いをすることも多々あります。そんな時はいつも「お天道さまが見ている」 、母のことばを思い浮かべるのです。お母さん、ありがとう。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ