やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第2次応募作品】

娘よりもお母さんが大好きだったお父さん
お母さんいつも素っ気なくしてたけど
毎日枕の下にはお父さんの写真があるんだよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈咲・福岡県・20才・女性〉からの投稿

お父さんといえばお母さんというくらい娘よりもお母さんの事が大好きなお父さんでした。お母さんは真逆でいつも素っ気なくしてましたがお父さんが亡くなって1番悲しんだのはお母さんでした。お母さんも同じくらいお父さんが大好きだってこと伝えたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ