やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第12次応募作品】

今年も子どもたちを連れて帰って来たよ。
父さんの偉大さに気付かなかったあの頃
ありがとう。今ようやく分かってきたよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈みちのく思い旅・東京都・50才・男性〉からの投稿

大人になったら、すぐにでも父を越えられると思っていたあの頃。今自分が子どもの親となってみた時、父が生きていたら何と言われるだろうか。生きている時に、一度も言えなかった感謝のことば墓前では、素直に言える。あの頃に戻って。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ