やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第2次応募作品】

父が旅立ってから父を思う事が増えました
ふとしたことで
あなたの教えが心に浮かんでくるのです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈水紀・千葉県・41才・女性〉からの投稿

両親と離れて都会と言われるところに住む娘の私は普段の生活で父を思う事はあまりありませんでした。でも父が亡くなってから、毎日の生活のどこかにこれは父が教えてくれたことと思い出すことも多くなりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ