やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第12次応募作品】

葛藤ばかりの母娘であったはずなのに
仏壇でチンと鳴らすと、口からはママへの
溢れる思いだけ、もう一度会いたい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ユキママ・兵庫県・53才・女性〉からの投稿

母とは、葛藤ばかりで好きでなかったと思っていました。でも、亡くなってしまったとき、本当は愛していたことに気が付きました。仏壇で、チンと鳴らすと、幼き日私に愛をくれた母を思い出しました。チンと鳴らすと、もう一度会って抱きしめたいと言う思いが溢れ出てきます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ