やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第12次応募作品】

仏壇の写真の母は若い時のままです。
母より年上になった私にほほえみまがら
幼い子を見るように優しく見つめています。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈なまず・兵庫県・67才・男性〉からの投稿

病弱だった母は私といる時が一番幸せだったことをこの年になって実感しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ