やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第12次応募作品】

ねえ父さん。今日も子供達は元気だったよ。
寂しくても頑張ってるよ。皆で笑ってるよ。
明るく楽しく、未来に向かって行くからね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ユンシーサー・沖縄県・40才・女性〉からの投稿

亡き父を思う時、いつも笑顔が浮かびます。子供が大好きで、私達だけでなく地域の沢山の人から愛された大きな父でした。私も、様々な理由で親と離れて暮らす子供達と触れ合う時にいつも、誰に対しても公平で温かかった父を思い出しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ