やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第12次応募作品】

お父さんのお墓は太陽の真下
お母さんも私も夏のお参りは汗びっしょり
太い煙は良く来たとほめてくれているのかな

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈たんか・茨城県・52才・女性〉からの投稿

父が亡くなり、春先にお墓を購入した時、太陽が暖かく照らす所が気に入って購入したのですが、夏はカンカン照りで、お墓参りは一苦労。でも、大切な父のために、水分を沢山取って、タオルを首に巻いて、父に会いに行きます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ