やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第2次応募作品】

春がくると思い出す
旅立ちの朝の
かあちゃんの号泣

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈take take・神奈川県・52才・男性〉からの投稿

昨年の3月15日、一人暮らしの母が突然亡くなりました。死因は「くもまっか出血」でした。福島県内の実家を一人で守っていた母から、3月11日の大震災の2日後、携帯電話で「帰ってきてほしい」と言われました。横浜に住む私は「仕事があるから」と断りました。それが最後の携帯電話でした。墓参りの度に「母ちゃんごめんね」と思うと同時に、大阪での大学生生活を始めるために実家を出発する時の「母の号泣」を思い出します。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ