やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[恋人へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

お父さん仏壇貸してね ねえ奥ちゃん。
ICUで私の手を掴んで何伝えたかったの?
今だに気がかり 四半世紀経つけれど・・・

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈森 遥香・愛知県・50才・女性〉からの投稿

お葬式の帰りに乗ったタクシーの運転手さんがたまたま彼を煙経つ車から彼を引っ張り出した方で、「あの状態では3日と持たないと思っていた。良く1か月も・・・よく頑張ったんだね」と話してくれました。私の手を握った腕は複雑骨折で、痛いだろうにぎゅっと握ってくれたのです。「死にたくない」のか「痛い」なのか・・今ではわかりません。私が逝ったら真っ先に聞きたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ