やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


応募作品

※各作品の詳細ページは「詳細はこちら」ボタンをクリックするとご覧になれます。

【第16次応募作品】

絶やさぬよう焚かれた線香の煙に包まれた小
さな小さな貴女は、今にも起きそうだった。
微かに煙の香り残る毛布が、今宵も愛しい。

(杏・宮城県・36・女性・飼い猫)

【第16次応募作品】

毎朝お線香をあげる事が故人への挨拶
手を合わせる事で1日頑張れるから
忘れないよと伝える想いを込めて

(torako・千葉県・58・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

孫の指の形、オフクロとそっくりなんだ。
短くて不細工だけれど、ピアノは上手だよ。
『エリーゼのために』、 聞こえる?

(三郎・千葉県・68・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

再婚するなよ って笑いながら言い残したね
だから毎日お線香と共にかかさない
大好き って私の言葉届いてるよね

(きょんしー・大阪府・47・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

お墓そうじしなきゃ。草がボーボーだね。
お菓子は、まず仏壇に。お水かえましょ。
あれ、じいちゃんのこと嫌いじゃなかった?

(たまごやき・福島県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

21日は3周年記念日だね
お互い忙しくて、お祝い出来なかったね
少しおちついたから来月お出かけしようね

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・恋人へ)

【第16次応募作品】

今日、線香の前で手を合わせました。
心の中に祖母の笑顔が浮かびました。
花のように、永遠に私の心で生きています。

(心の花・香川県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

今まで一度もアンタらに語りかけたことは
なかったが、三十三歳になった今の俺は
壁にぶち当たっている。まあ、見ててくれよ

(チェミ・埼玉県・33・男性・会ったこともない先祖へ)

【第16次応募作品】

じいちゃん、お母さんもばあちゃんに
なったよ。お母さんそっくりな娘と一緒に
お母さんの分の線香もあげて行きます。

(由布・熊本県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

目に見えぬ父母のぬくもり
感じながらも素っ気ない態度の私
ごめんなさい、そしてありがとう

(坂本佳子・三重県・27・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

21世紀には道路が動く時代になるぞ??
戦争を経験した祖父が小学生の私に言ってた
ネット社会だけど道路は今はまだ動かないよ

(こと・愛媛県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

話したかったことが沢山あるね
話を聞きたかったことが沢山あるよ
今はいない2人に線香の香りが告げている

(uffda・東京都・67・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

今日、寝坊しちゃった。重役出勤だよ(笑)
天国でも怒られちゃうの?
寝坊助さんや夜更かしさんたちって。

(れっどふぇざー・東京都・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

「ただいま」と実家に帰ると
いつもお線香が香ってくる。
おばあちゃんいるねと 娘が微笑む。

(ゆきんこ・大分県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

おはよう
今日も行ってくるよ こっちはみんな元気
まあ なんとかやってるから 安心して

(古久里・長野県・58・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

もしもし聞こえますか?
私は結婚してもうすぐ子供も生まれるよ。
これからもずっとずっと見守っていてね。

(ゆき・埼玉県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

戦争に行って
散々苦労した
そんなあなたに今は安らぎがあらんことを

(ゆう・栃木県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ありがとう
皺の数ほど
結ぶ声をコールする

(はなめ・山口県・53・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

飾らぬ生き方のよい手本を見せてくれたね
素直な、心からの感謝の気持ちを贈るよ
好きだった、さわやかな白檀の香りに乗せて

(うさぎさん・和歌山県・62・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

一緒に見た花火が
今までで一番きれいでした
今年の花火はそこから見えましたか

(折鶴・岩手県・54・女性・友へ)

【第16次応募作品】

ばあちゃんの長男が
天国へ向かいました。
温かく迎えてください。

(なやな・岐阜県・50・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

天国の
室温何度か知りたき
冷え性の父ゆえに

(なやな・岐阜県・50・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

相談事があるとついつい来てしまいます
当たり前のように目の前にいるように
いつも話すばかりでごめんね

(風と海・北海道・51・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

あなたに会ったことはありません
でもあなたとの思い出はあの線香の匂いです
また会いに来ますね

(太郎丸・愛知県・20・男性・親族へ)

【第16次応募作品】

肉親も親友も みんなが待つ
あの星目指し
間もなく旅に出る

(因伯兎・鳥取県・70・男性・親族へ)

【第16次応募作品】

おじいちゃんの好きだった植木を全部
引越しの度に処分せざるえなかった
けれどあなたは心の中にずっと住んでる。

(赤子沢・岩手県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃんの着物をリメイクした小物を
叔母さんにもらっていつも持ち歩いていると
あなたがそばにいるような感じがする。

(赤子沢・岩手県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

顔や声は覚えていませんが
さいごに一緒に食べたビビンバは
一生忘れないと思います

(川口・東京都・23・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

卵焼きは
父ちゃんと母ちゃんの
合作が一番

(bo・東京都・34・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

最後に見た私は18歳の私だよね
毎日ボーっと過ごしてた私に
毎日ボーっと過ごす娘が出来たよ

(ちこり・神奈川県・40・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

部屋で静かに眠る君を抱き上げたこの手。
今はもう何も無いけれど、今日だけは。
両手いっぱい花束抱えて会いに行くよ。

(じゅん・兵庫県・33・男性・恋人へ)

【第16次応募作品】

ありがとう、貴方が元気ならば
それでいいのよ、人のこと心配しないで
自分のこと心配しなさいと言ってくれたね

(ギザギザ仮面・神奈川県・46・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

はやいねぇ。今日からまたお彼岸だね。
もう22年も経つよ。何度ここに来たかな?
そちらの皆は元気?私たちも無事よ!

(蛍・神奈川県・51・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

寒風を手で遮ってお線香つけた。
お義父さんとのはじめての共同作業。
香りと細い煙りが優しく見えた。

(こはる・高知県・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

御嶽山の山小屋で 働いていた頃の話を
もっと 父さんに聞いておけば良かった
若者のような瞳に また会いたいよ

(めいめい・神奈川県・61・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香の真っ直ぐな煙を辿っていると
きみの魂と逢えるような気がするんだ
今日も背筋を伸ばして見つめ続けるよ

(喜怒哀楽隠居・徳島県・62・男性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

裕子ちゃん 60年の幼馴染
会いたいときに逝っちゃった
来年は俺も逝く 会ってハグしたい

(osanajin・東京都・77・男性・恋人へ)

【第16次応募作品】

きのう、三つの宝石をもらった
仏法僧の教え
心に響いた、忍者はいきている

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・友へ)

【第16次応募作品】

君と別れてから五年目
やっと友達ができたよ
君もそっちでいい友達と出会えたかな

(清水心・東京都・16・男性・友へ)

【第16次応募作品】

いつも見守ってくれてありがとう。
貴方みたいに誰かに勇気を与えられる
ような大人になれるように努力するね

(みやび・愛知県・17・女性・友へ)

【第16次応募作品】

母の命日に、海外出張が重なってしまった。
滞在先のホテルでお線香に火をつける。
つかの間の帰国タイム。明日も頑張るよ。

(矢口渡・滋賀県・59・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

父さんタバコがまた値上がりするみたい。
これをさかいに今度こそ禁煙してね。
天国で長生きしてくれなくちゃ。約束だよ。

(やま・福井県・37・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

最後に触れたとき、とても温かかった
くしゃくしゃの手が今でも忘れられない
今度会ったら、目を見て話したい

(みさまる・埼玉県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

あなたが大好きでした
この悲しみ 忘れたフリをして
生きていく。 あなたにまた会える日まで

(ちな・北海道・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お仏壇にお線香を立てると、
一条の煙が天上目指して登って行きます。
父と母との電話線の様、永遠に繋いでおいて

(とぶちゃん・埼玉県・65・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

逝ってから5日で、今日初めて泣きました。
まだ会える気がしてしまいます。
でも私の生活立て直すから大丈夫です。

(でこぽん・三重県・61・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

最近、白髪が出始めました。
若さを失いつつあります。
おばあちゃんの年齢に近付いています。

(めたる・埼玉県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

線香をあげる度に思うんだ
母さん、もっと話をしたかった
旅行何回も連れて行ったのが救い

(私はだーれ・東京都・66・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

ジプシーのような生活が夢だった妹。
今どこにいるの?たまには帰ってきてね。
素敵な香りを焚いて待っています。

(鈴木蘭・北海道・68・女性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

子供がね、今日、初めて立ったの!
パパと二人で大喜びしちゃった。
今度、おじいちゃんにも見せるね?

(ハマのつかさママ・神奈川県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

母さん、私も姑になりました。貴女のように
賢く出来ませんが、新しい家族と共に、心
穏やかに、日々送れますように努力します。

(コスモス・三重県・71・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

36歳で病気で亡くなった母の実母。
その夫は96歳で亡くなりました。
天国では超「年の差夫婦」ですね。

(みゆき・東京都・40・女性・母の実母へ)

【第16次応募作品】

一等賞、優勝メダルに負け試合。
息子駆け寄り、かけっこ、試合のご報告。
仏壇のお線香の揺れる香りと父の写真。

(なちる・長崎県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

名言動がたくさんあったおばあちゃん。
話題に出すと、おばあちゃんを知らない
曾孫までニコニコして聞いています。

(みゆき・東京都・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

いつも悪口いってごめんなさい。
夢でもいいから怒りにきてください。
あなた方の息子を大事にしますからね。

(きなこじゃむぱん・茨城県・43・女性・義父母へ)

【第16次応募作品】

お坊さんの読経を聞き、途中まで覚えたよ。
時々、お仏壇やお墓の前で唱えています。
おばあちゃん、聞いてくれていますか?

(うさぽん・愛知県・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お線香以外の香りもするでしょ
あなたの孫娘が放つ匂いよ
すっかり色気づくお年頃になりました

(ひだまり猫・大阪府・46・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

線香の心良い香りがあなたの元へといざなう
静かな白い煙は私たちをつなぐ1本の架け橋
会いたいよ まだ来るな 見守ってるから

(さくら・山梨県・51・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

あなたがどんな人なのか、深くはわからない
でも病と戦う姿は、一番近くで見ていました
天国に行っても、お大事にして下さいね

(ゆりあ・北海道・29・女性・患者様へ)

【第16次応募作品】

香り立つ
静寂の中で
語り合う

(komasen333・愛知県・32・男性・人たちすべて)

【第16次応募作品】

お父さんが可愛がっていたネコのゆうちゃん
先日穏やかに息を引き取りました
そちらでまた楽しく過ごしてください

(痛風・宮城県・60・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

父さん、昨日で仕事を辞めました。
母さんの認知症が進みました。
今日から、線香をあげるのが僕の仕事です。

(オウンゴール・大阪府・65・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

実家へ行くといつも仏壇へ向かう
離れて暮らす父母祖父母の無事に感謝
これからもこの家の皆を見守ってくださいと

(こば・東京都・43・女性・ご先祖さまへ)

【第16次応募作品】

ゴメンね 母さん 父さん
仕事優先しちゃったのよ
二日遅れの お彼岸参り

(三日坊主です・福岡県・67・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香を焚いてる間だけ
あの頃の呼び方でいいよね
あのねパパ…あのねママ…

(ひだまり猫・大阪府・46・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

あなたが旅立った部屋を片付けて
家族の生まれた日を書いた手帳を見つけ
あなたの家族への誠実な姿を知る

(赤子沢・岩手県・47・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お父さん、天国の電話番号がわからないので
これからはお線香のけむりにのせて
お便りしますね。

(赤いピアス・東京都・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

あなたが十年前に亡くなってからは
毎年あなたの年を数えています
今あなたが生きていたら七十三歳

(赤子沢・岩手県・47・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

遠方より年に一度の贈り物
今年も届きました。好きな香りのお線香が
父母の墓前でやさしくゆらいでいます。

(レモングラス・東京都・66・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

私は老いて、あなたの名が思い出せない
どうして雨なのだろう
傘で身で手で顔で、線香を守る

(あきら・北海道・59・男性・子どもへ)

【第16次応募作品】

今日はどんな香りがいいかな
おばぁちゃんの好きな百合の匂いにしよう
でも私が一番好きなのはおばぁちゃんの香り

(may・愛知県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

今夏は、日本中が記録的な猛暑日の連続。
今は、秋の花々がきれいに咲き揃いました。
古里の田圃の畦に、彼岸花が実に美事です。

(道草・京都府・80・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

ジジがそっちに行ってから10年経ったよ
泣き虫だった僕は東京で一人で頑張ってるよ
僕頑張るから空の上から笑いながら見ててね

(けい・東京都・18・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お線香から立ち昇る白いけむり。
香りを楽しみつつ、なびく様を眺めている。
いつの日か父さんの面影が見える気がして。

(ふくちゃん・静岡県・48・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

墓の雑草を夢中で引っこ抜いて片付けた
しんどいことは僕がやると格好いい
弟をかばった兄ちゃんに、どや顔したる。

(さびしん坊・兵庫県・69・男性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

親父、元気ですか?私は元気です。
見守ってくれている事知っている。
元気に明るくいきているよ。

(ほっけの開き・北海道・61・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

この歳で、とっちゃの気持ちが分かる
俺には、なんも言わなかったけど
俺を愛してくれてたんだなぁって

(ハジメ君・青森県・64・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

家に入ると、線香の香りとおばあちゃんの声
ごめん、おじいちゃん
また、おじゃましちゃった?

(ちあり・愛知県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

線香が、お位牌に向かって、吸い込まれる。
不思議だなぁと、見つめる私。
先祖を、感じる不思議な時間。

(苺大福・山形県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お線香をあげる度にもういないんだと思う。
初めての妊娠を喜び、体を気づかってくれた
義母からの最後のメールは消せない宝物

(こでまり・大阪府・38・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

こちらは今、煙草に厳しくなっています。
そちらは自由だと思いますが、ひとつだけ。
マナーを守って、皆に好かれて下さいね。

(アキラの娘・東京都・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

ふわっとラベンダーの香りに包まれると
二人で過ごした日々にトリップできる
思い出の中ではいつも一緒

(suzu・埼玉県・45・女性・恋人へ)

【第16次応募作品】

どうか上から見ていて下さいね。
正面からはご遠慮ください。
シミ、シワが目立ちますから。

(蓮華草・埼玉県・61・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

ご先祖様いつもお守りどうもありがとう。
線香をあげてお祈りするほど
お働きが大きいと信じます。

(武蔵野の風・東京都・44・男性・ご先祖様へ)

【第16次応募作品】

眠る前に汽車の音が聞こえるんだって
娘ももう5歳になるよ
おじいちゃんが乗ってた汽車の音なのかな

(花蛙・東京都・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

香りを辿れば、
あなたに届く。
そう信じて。

(ひぽま・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

目を閉じて、
香りをかぐと、
時をも越える。

(ひぽま・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

香りと共に、
この想い、
天まで届け。

(ひぽま・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

この香りの中に、
あなたを
見つけます。

(ひぽま・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

大好きだった
おばあちゃんが
戻ってきた気分

(ひぽま・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

きっとどこかで、ずっと近くでみてるかな
だから結局、あなたの前には
ただ笑ってありがとうだけを置いていく

(ベア・大阪府・28・女性・なくなったおおじいちゃん)

【第16次応募作品】

毎朝、お線香の香りで目が覚めた
お母さんが仏壇に向かう後ろ姿
思い出すたび、香りも蘇る。

(みっちー・京都府・37・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

言っておきたかったことは、ありますか。
こちらにはあります。ありました。
でも忘れました。それでいいと思ってます。

(どらまにあ・京都府・54・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

優しいまなざしのおばあを想い
介護職で頑張る私
夢で逢えたら褒めてくれるかな?

(kirin・沖縄県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

あなたが天の故郷に帰ってからは
さびしく思えるが天国をより身近に
感じていつか会う日を楽しみにしている

(赤子沢・岩手県・47・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

あなたと愛犬と行った公園のそばを
車で通るとその光景が目の前に
浮かんできそうで思わず涙が出てくる

(赤子沢・岩手県・47・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お祖母ちゃんの使っていた部屋、
私がもらってもいいかな?
大事に綺麗に使わせてもらうからネ。

(島根のぽん太・島根県・50・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お父さんが逝ってから家族が増えました。
二歳の野良猫の雌です。
お父さんの部屋で喜んで遊んで寝ています。

(島根のぽん太・島根県・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お父さんが守り続けた小さな店を
細々とですが守っていきますので
どうか見守ってやってください。

(島根のぽん太・島根県・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

死んだら、線香の一本でも立ててくれるか?
そう言っていたおじいちゃん。
一本どころか何本でも立ててあげるね。

(島根のぽん太・島根県・50・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

私の横にいてあなたは笑っている
そばにいてくれる
ただそれだけで私は幸せ

(やすよ・兵庫県・35・女性・子どもへ)

【第16次応募作品】

三泊ほどして孫帰る
疲れてしまってくたくたや
君そっくりの笑顔がせめてもの慰め

(きんたくん・神奈川県・71・男性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

記憶にない、おじいとおばあ
見守りは大変ですか?
大変だよね。うん、大変だと思う。

(なっつ・兵庫県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

涙が枯れたら
ここに素直に座れるようになりました。
心と心が交差し合う場所だから。

(こなお・東京都・48・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

いつも笑顔でいてくれてありがとう
甲斐性なしの僕とお握りを
つくってくれて助かるよ

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・恋人へ)

【第16次応募作品】

人生の先輩だった二人はいつも優しい顔だね
早くそっちに行って、また遊びたいです
けど、それをご褒美にちゃんと生きるね

(里帆・千葉県・20・女性・ペットのモナちゃん、シナちゃんへ)

【第16次応募作品】

たなびく線香はラベンダーの香り。
あなたのくれたラベンダー。
今年も沢山咲きました。見えてますか?

(招き猫・大阪府・57・女性・友へ)

【第16次応募作品】

一本目の線香は子供
二本目は孫
三本目は初めての曾孫だよ

(まさどの・島根県・81・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

なあ、おやじ。今日は24回目の命日だな。
と言うことは、せがれも今日で24歳だ。
泣き笑い。思い出すよ、あの日のことを。

(一路・埼玉県・59・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おじいちゃん、連れてきたよ、ひ孫だよ。
おう、みか。来たか、かわいいなぁ。
ありがとう。

(さきちゃん・大阪府・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

やっと授かった赤ちゃんの出産予定日が
ばあちゃんの命日なんて、不安が吹き飛んだ
ありがとう、頑張るから見守ってください。

(けんじゅ・石川県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃん私来年40歳になります。
いつも静かに微笑むお顔を思い出します。
未だに短気な私、少しでも近づけたかな?

(ぐうたら・東京都・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

まっすぐにまっすぐに昇っていきます。
お香の僕は銀河系を見おろしています。
まったくに親父さんはどこまでいったやら。

(みゃの・宮城県・62・男性・父へ)

【第16次応募作品】

線香に包まれ、瞼を閉じて手を合わせれば
祖父母のやさしい微笑み浮かぶ。
わたしのこころにポッと余裕ができる。

(てるみ・北海道・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

火をつけ、手を合わせ目を閉じる。
煙の向こうのおばあちゃんに心で話す。
貴女のひ孫は来年1年生です。

(汐ノ花・埼玉県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お母さん、念願の孫が生まれたよ。
爪の形、お母さんに似てると思わない?
ねぇ、お母さん。抱っこしてあげてよ…

(陽実乃月・宮城県・35・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お父さん見かけたよスーツの波のその向こう
ビジネス街にいまだ心があるのかな
いい香り焚くからね、ゆっくり休んで。

(東大路 たま・兵庫県・54・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お父さんにメールを送ったら
お仏壇に置いているケータイに届きそう
だからこのアドレスをずっと残してます

(ベンジャミン・兵庫県・42・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おっかあ!
今年も来たよ
今焚くね、いい香りのお香だね

(ジュリアーノアキヤ・埼玉県・61・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

毎年、おっかあに会いに行く8月
今年のお香はお墓で発表です
今焚くね、気に入ってくれたかな?

(ジュリアーノアキヤ・埼玉県・61・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

線香に火をつけている時
おばあちゃんの温もりをふと思い出します
天国で楽しく過ごしているといいな

(かりんまこと・秋田県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

早いものでもう十七年
仏壇の前で手を合わせ
残り香で語りかける

(比嘉景哲・沖縄県・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

孫の顔を見ず自死して初めての秋です
鈴蘭の白い花が真赤な小さな実を付けました
初孫の写メと好きだった鈴蘭を飾ります

(まことちゃん・北海道・70・男性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

お母さん、お父さんに無事会えましたか。
震災忌に逝くから
冥土の蓮池辺りは混雑したでしょう。

(たかさま・兵庫県・62・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お母さん、今日も守ってくれてありがとう。
孫達に忘れられるよね、と心配してたけど
婆ちゃんの様に優しくなってと言われます。

(Nami・福岡県・44・女性・母へ)

【第16次応募作品】

菊を愛したお父さんコスモス好きなお母さん
秋の庭にお線香の煙が流れて
お二人との懐かしい日々が蘇ります。

(ほしのまたたき・大阪府・75・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

患いて 春の誘いも届かないと
嘆くあなたは 庭の蕾の桜見て
もう少し生きてみようと 力なく笑った

(ひーらー・東京都・65・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

あなたは私をわかっていないと思っていたが
わたしこそあなたをわかっていなかった
あなたを送ってからその事に気がついた

(赤子沢・岩手県・47・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

美味いもんは、皆で分ければもっと美味い
オバアは、いつも近所にお裾分けしてたね
いい香りの御線香、お裾分けしてきますね

(感王寺・熊本県・58・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ずっと探していたお線香。
くゆらくゆらと煙。
母さんらしい馥郁たる香りです。

(ちぐハグ・千葉県・73・男性・母へ)

【第16次応募作品】

母さんを光のように感じることが。
見えないけれど、たしかに存在する。
温かな光の物体。そこに居る母さん。

(ちぐハグ・千葉県・73・男性・母へ)

【第16次応募作品】

おふくろさんという言葉が、一番好きだ。
懐の深い袋の包容力。
おふくろの袋には愛がいっぱいだった。

(ちぐハグ・千葉県・73・男性・母へ)

【第16次応募作品】

手を合わせるとき
バアチャンは少女のようにふっと微笑むの
夫婦って、愛って、素敵ね。

(いろは・大阪府・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

突然二人で舞い降りた、団地のベランダ。
手の温もりも笑顔もあの頃のまま。そんな
心地よい夢のお礼に、白くて細い煙よ香れ。

(ちぁお・東京都・53・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お爺ちゃん仏間の隣りの部屋雨漏り
きっと毎日何回も仏間にきてほしいんだね
だから雨も続くんだねお爺ちゃん

(いなかむすめ・三重県・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お線香、香りのいいお母さん大好きだよ
蚊取り線香が一番だ
心に聞く。線香は大事だ

(ふゆの太陽・千葉県・35・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

何か…懐かしいね…お線香の香り…
あっ、お父さん…
私、しっかりお父さんの後ろ姿、見てたよ。

(お父さんありがとう。・熊本県・41・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

先祖の墓に線香をあげるじいちゃんの姿を
思い出して私もあなたに手を合わせます
ひ孫も見よう見まねで南無南無してますよ

(いっち・神奈川県・40・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

今のわたしからあなた達に聞きたい
辛いときはどうすればいいの?
幸せだといつも信じていいの?

(sachi・茨城県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ありがとうの言葉しか
包むことができないでいる
この胸のうち

(トシロ・大阪府・70・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

いつもお世話になってばかりだね
きのうもあの件を教えてもらったね
今度は俺が教える番だから、まっててね

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・友へ)

【第16次応募作品】

今日は、お母さんの右目が開きました。
私の事も分かったようです。
お父さん、夢の中で励ましてあげて下さい。

(雪うさぎ・熊本県・67・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香の香りを変えました
ちょっと甘い香りが
あなたの優しい笑顔を思い出します

(神楽紫輝・長崎県・55・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

見舞った時、今までアリガトウと言ったのは
別れを告げた訳じゃなかったのに
黙って天国へ旅立った姉さん、悲しいよ

(ハラパン・福岡県・72・男性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

父さんと一緒にいった銭湯まだあるよ
母さんの作った羊羹の味忘れたことないよ
父さん母さんの思い出は俺の心の宝だよ

(福島敏真・北海道・71・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

じいちゃんが亡くなって初めて気づいた。
じいちゃんのすごさを、存在の大きさを。
私もそんな大人になれるように頑張るね。

(りむ・埼玉県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

いつもは、いい娘じゃなくてごめんなさい…
だけど、これからはありがとうにするね。
お線香の優しい香りで、そう思いました。

(あきこ・岡山県・49・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お別れしてから何年経つでしょう
セーラー服を着ていた私は花嫁になれました
時の流れは早いものですね、おじいちゃん

(m.k・埼玉県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

仏さんは煙がご飯なんだよ
小さい頃、そう教えてくれた母さんへ
今日は花の香り。お腹いっぱい食べてね

(まつりか・神奈川県・51・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

晴れましたね。庭の貴方が気がかりでした。
仏壇も、あげる相手もないけれど橘よ。
線香は想いを繋げると言うではないか。

(小林秀観・愛知県・30・女性・庭の橘の木へ)

【第16次応募作品】

久々に実家に帰り仏壇に手を合わせた。
線香の煙は、ばあちゃんの所まで届くかな。
ばあちゃん、ひさしぶり。私は元気だよ。

(春野もも・大阪府・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

チーンとならし手を合わせ
漂う香りで思い出す
貴方の顔と話し声

(HARUKA・香川県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

台風21号がきたり心底こわい時
「お助けください」と母は、お線香をあげ
落ち着くので私も引き継いでます

(はなちゃん・大阪府・63・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

留守電にいつも入れてくれたでしょう
ほら、あなたは心配症だから
あの頃よりは強くなったと思うよ、私

(一青アラン・神奈川県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

今日も1日はじまるよ。
今年も無事実りました。
どうかみんなを見守っていてね。

(にしび・宮城県・29・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

そよ風というお線香を買いました。
そちらにもそよ風は吹いていますか?
感謝の気持ちをこめてそよ風を送ります。

(さくら・奈良県・76・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お父さん、お母さんが少し元気になりました
一人で寝れるようにもなったのよ
私が困らない様お父さんがそうしてくれた?

(中西 柴穂子・岡山県・65・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

「一人1品」と、
何度何度も催促されたけど、
今となっては、聞けぬ寂しさよ

(カネコ・熊本県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

毎朝のお線香
親孝行出来ずにいた悔やむ心も癒やしつつ
感謝を胸に生きていきます

(ようこ・鹿児島県・50・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃん
お天気どう?
そちらの作物は豊作ですか?

(なも・北海道・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

好きではなかった線香のにおい
でも今は、ばあちゃんを思い出す香りになり
ばあちゃんと話せる時間を作ってくれるよ

(もも・熊本県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

まっすぐに、天に届くお線香の香りは
先生と私をつなぐ、糸電話のひとすじ
「先生の隣の席は、私の指定席ですからね」

(よっちん・岡山県・73・女性・どこに行っても永遠に私の恩師)

【第16次応募作品】

お線香の煙が大きくゆれるのは
お経を奇妙な節回しで読むので
大笑いされているのかも知れぬ

(ばんせい・大阪府・69・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

そっちはどうかな。元気にしてるかな。
私は自分なりに楽しく過ごしてるよ。
お祖母ちゃんにとって良い所だといいな。

(志月悠生・鳥取県・19・女性・母方の祖母へ)

【第16次応募作品】

お気に入り
素敵な香りが
届きますように

(ここあ・石川県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ねえ、パパ知ってる?
お線香が消えるまでにお経を、読むことが
私の日課になってるって

(なっちゃん・大阪府・24・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

今年、私はお母さんと同い年になります。
もっと長生きして欲しかった。歳は超えても
優しく偉大なお母さんは超えられません。

(イナバウアーの白兎・千葉県・66・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

生きている
心の中で
生きている

(蟹 太郎・東京都・33・男性・あの娘へ)

【第16次応募作品】

私たちの子供たちの孫たちの
線香それぞれ二本ずつ
二十六ポン捧げます

(じいじ・福岡県・77・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

線香、火がつけれなかったけどそえるよ
だって、次、いつ来られるかわからないから
わかってるよ、ばあばがここにいることは

(あいちゃん・静岡県・22・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

真夜中の十二時半。旅立ったすぐ後に
私は病院の廊下で産声を聞いたよ。
お父さん、もう生まれ変わってきたの?

(土岐の星・愛知県・54・女性・父へ)

【第16次応募作品】

食欲なくなるよね。
三十年間、毎日同じお線香。
気分を変えて、バラの香りといきますか。

(由岐の星・愛知県・54・女性・父へ)

【第16次応募作品】

いつの間にか おばあちゃんの得意料理が
私の好きなメニューになっていました
あの頃からは想像出来ないけれどね

(ポメたんぽぽ・埼玉県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

線香の煙が 君の瞳に届く
線香の香りが 君の鼻に届く
私の祈りが 君の心に届く

(木立慈雨・宮城県・57・男性・恋人へ)

【第16次応募作品】

じいじい、今日も天国で
囲碁やっているかい? 天国の
お仲間たちと楽しくやっているのかな?

(ののかん・東京都・49・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

父さんと母さんの背中を見て育ったので
働けるうちは働きます
お陰で元気で夏バテもしていません

(大阪のアン・大阪府・76・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

父さんと母さんの写真を携えて
ふる里・樺太を訪れました
我が家の跡地は生鮮食料品市場でした

(大阪のアン・大阪府・76・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃんのレシピが再現できないよ
あの美味しい蕗の煮物、みんな食べたいのに
やっぱりおばあちゃんでなきゃ、ダメみたい

(ラワンブキ・北海道・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

線香は白檀の香を立ち上らせ
私は今日の息災をこまごまと願えば
遺影の人は優しく頷いて見えた

(耀子・千葉県・76・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

あのとき取り上げたあのタバコ。
あの日逝ったあなたのいのち。
あのときの想いをこの煙にのせて。

(こまっちょ・埼玉県・34・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

夏休み中に法事がありました
インターシップで行けなくてごめんなさい
落ちついたら御線香あげに行くね

(燎・京都府・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

美味しいものは、みんなでと
いつも近所に、お裾分けしてた、ばあちゃん
御線香も、御近所さんに、お裾分けしとくね

(感王寺・熊本県・58・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

あれ?この匂い
脳裏に浮かぶ
実家で囲んだ美味しい料理

(さくたん・愛知県・23・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

私ね、彼氏ができたんだ
おじいちゃんにだけ教えるね
笑った顔が少し おじいちゃんに似てるかも

(ゆいむ・神奈川県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

おじいちゃんからのお土産、電池で動く犬。
二十歳過ぎの私には幼すぎて笑ったけど、
変わらない孫扱いが嬉しかったよ。

(じゃがいも・静岡県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

私は会ったことがありません
でも、お線香をあげ手を合わせると
確かに、存在を感じるのです

(クミ・栃木県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お父さん、今、子育てがとても楽しい
お父さんもこんな気持ちだったのかな
子ども達の成長、楽しみに見守っててね

(みちえ・栃木県・41・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

里帰りしたときに
いつも聞こえる「おかえり」が
ここに座ると聞こえるようです

(こなお・東京都・48・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

火を灯して待ち合わせ。
不器用に待つ立ち姿。
閉じた瞳に蘇る。

(三休 健・東京都・34・女性・高倉 健さんへ)

【第16次応募作品】

そちらの世界から、ハラハラして
お父さんを見ていませんか?お母さん。
大丈夫。私とお姉ちゃんとで見てますので。

(ネコニンゲン・福岡県・55・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

幼い時はあんなに苦手だったのに、
上手に火をつけられるようになったの。
おじいちゃん、見ていてね。

(みかん・東京都・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

Yちゃんへお線香を上げるひとときだけ
12歳へ戻れる気がするとよ。
ねえ、今日はなんばして遊ぶ?

(おーちゃん・長崎県・49・女性・友へ)

【第16次応募作品】

親子3代墓参り やっぱり狙われた
いたずら坊主のお孫ちゃん 元気いっぱい
線香かざして聖火リレー

(ゴン・千葉県・78・男性・感謝と孫の成長お知らせ)

【第16次応募作品】

お線香をたくから、お父さんを思い出す。
お父さんを思い出すから、お線香をたく。
好きだから、仏壇のお父さんと話をする。

(スワロフ好き代・新潟県・63・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

カサッ また、部屋のどこかで音がした。
お母さん?私に何か話したいの?
お線香の煙に乗って出てきてよ!話そうよ!

(ドリチャン・埼玉県・76・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香の煙に巻かれ、タイムワープしたい私
あの日のあなたに会いに行き、抱きしめたい
お義母さん、今もあなたに支えられています

(るーかお・大分県・50・女性・義母へ)

【第16次応募作品】

母ちゃん、最期の言葉は孫娘の名前だったね
わんぱくな孫娘も母ちゃんになりましたよ
逢いに行けるね、お線香の薫りに乗ってさ。

(奏ぶん・東京都・51・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

今日は、お寺さんの月参りの日でした
夕方、小四の孫が我が家に来て言いました
くんくん、この香り御先祖様にもう届いた?

(カンナ・大阪府・69・女性・御先祖様へ)

【第16次応募作品】

お父さん、早くも、来年は7回忌だね。
オシャレな色のお線香、探してくるね。
最近になって、感謝と涙が溢れるよ。

(みのりんママ・兵庫県・49・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃんへ 今日は特別だよ
桜色のロウソクに ラベンダーのお線香
向日葵と一緒に祝う ハッピーバースデー!

(やつか・千葉県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

一緒にあげた線香の香り。
今はあなたにあげている。
届いているかなこの香り。

(里原重郎・群馬県・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

亡き父は 普通の香りでは駄目ですね
ビールの香り 日本酒の香り 焼酎の香り
そんなお線香があれば いいのに。

(桜井 すみれ・奈良県・41・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香の紫色の香りが好きです。
生活に安心をくれます。
昔、お父さんは幸せをくれましたね。

(ひろし・神奈川県・67・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

線香の煙棚引くその先で
あの頃忙しくて話せなかった事
そっと耳打ちさせて下さい。

(飛鳥侑・福岡県・52・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

10月に生まれ 秋風の中逝った人よ
あなたの好きなホトトギスが今年も咲いたよ
たくさん咲いたのに淋しい花だね

(betty・静岡県・65・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

いつもスーツで決めていたじいちゃん。
袖に香る線香は、優しくて温かい。
立ち上る想い出に、頬笑む僕たちがいる。

(もっか・佐賀県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

「線香の火はこう手でぱたぱた消すんだよ」
ね、お父さん。今年はあなたの孫と来ました
見えるかな、顎のラインがそっくりでしょ。

(藜・東京都・41・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

父さん。今年も夏野菜がたくさん採れました
私があとを継いで三年、野菜たちは今も
夏草の中をたくましく育っています。

(三河の案山子・愛知県・71・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

この前ふとお線香の香りがしたの
見に来たんやろ?
私はちゃんと頑張っとるから心配せんでね

(和花・東京都・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

自転車を漕いでいると、ふとお線香の香り。
なんだか心が落ち着く良い香り。
この優しく包容する香りは、母のようだ。

(東本直哉・東京都・37・男性・母へ)

【第16次応募作品】

初めておばあちゃんに会ったとき、
飲めずにガッカリさせたビール
今ではガブガブ飲めるようになったよ。

(えいこん・福岡県・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ねえ、私、がんばったよ。
誰もほめてくれないけれど。
ずっと、見ててね。そして、ほめてね。

(陽菜・東京都・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

御無沙汰しておりますがお元気ですか
今日は貴方に会いに来ました
そちらでの暮らしは快適ですか

(あるごりずむ・三重県・48・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

母が植えた水仙が咲きました
「行ってきます」と声をかけます
母と私の二人だけの会話

(ユトリ呂・群馬県・70・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

人々の幸せを祈り潔く生きる事が母との約束
人々に幸せが降り注ぎます様にと祈る日々
ご褒美は夢で会える事を 約束ですよ!

(杏っ子・岩手県・67・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お家が好きだったお父さん。
四十九日と初盆に間がないのはきっと、
天国よりも家が天国なのを知っているから。

(ショ・広島県・29・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

初めて手術をして寝たきりになりました。
あなたの悔しさやるせなさがわかりました。
ごめんなさい優しい言葉かけられなくて。

(ミモザ・三重県・56・女性・義母)

【第16次応募作品】

母さん、無煙のお線香はやめたよ。
だって、煙がないと母さんにボクの気持ちが
届かないような気がするんだ。

(なおちゃん・埼玉県・73・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

ばあちゃん、そっちではたらふく食べてる?
カレーのにおいのお線香、
やっぱりなかなかみつからないや。

(こめりん・東京都・16・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

仏様は香食と言って香りを食べるそうですね
甘いもの好きのばぁちゃん、
お供えのまんじゅうの香りはいかがですか?

(ひよこ・東京都・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

日本酒、美味しいね。
俳句、奥深いね。
お父さんに近づいてきた私、もうすぐ還暦。

(流れ雲・新潟県・58・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お母さん 一緒に過ごした時間は宝物です。
もう向き合って話すことは出来ないけれど、
いつも心に思い、願いを共に生きています。

(レモン・宮城県・49・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

氷が溶けて「カラッ」と鳴った
仏壇に線香とウイスキーロックをあげると
「ありがとう」と父がくれるメッセージです

(一句・神奈川県・66・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おばあちゃんの匂い
今じゃ記憶もおぼろげだけど
線香をあげているとふと蘇ることがあるよ

(こなお・東京都・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

「なんとかなるよ」淡々と生きた祖母の
83年の人生に、お線香の香りが、いつも
あった。横顔がきれいだった。

(maipenrai・千葉県・69・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

陸上の大事な試合の前の あの香り
いつも応援してくれたんだね じいじ
今日の大会 6位に入賞したよ

(ツナカン・静岡県・15・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

中学生の息子がカラオケに懲りだして
覚えた曲はなんと「すきま風」
おじいちゃんの十八番 夢で教えたのね

(スギサマ・静岡県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ひ孫を抱いた写真にはおばあちゃんの笑顔
そのひ孫が15になりおばあちゃんの浴衣を
着られるようになったから 盆に見に来てね

(sakula・静岡県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

生まれ変わって もしもどこかで会ったなら
多分、お父さんだと わかっちゃいるが
目配せぐらいのヒントをお願い

(華夏・東京都・59・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

おじいちゃんとはあったことないけど、
お供え物する時、声が聞こえる気がするよ。
いつか、夢の中でお話ししたいな。

(ゆうな・東京都・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ずっと忘れたふりしてたよ
あなたがいないこと。
やっとだね。お元気ですか?

(cause・大阪府・37・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お線香の煙りは天に登っていきます。
私たち家族の思いをのせて。
お父さん、ありがとう。

(ひろせ ひろし・神奈川県・67・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

もういいんだよ、と坂を下った飼い猫へ
私は鼻歌唄い、目が覚めたなら固くなってた
それから十年線香あげる、雪が解けるまで

(小篠 真琴・北海道・42・男性・飼い猫)

【第16次応募作品】

あなたのひ孫が、お線香をあげられるまでに
成長しました。見えますか。聞こえますか。
お盆には皆で遊びましょう。待っています。

(なかむー・神奈川県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

老いた母の繰り言 今は懐かしい
わが娘(こ)に語る 思い出ばなし
私もいつか 娘の思い出になる

(ゆきの母・神奈川県・48・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

今日のお線香はいい香りがしますね。
この前来たときは煙の少ないお線香でした。
実家は安泰のようですね。

(ケーキ・岩手県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お線香をあげる隣には、ばあちゃん。
今は、会ったことないじいちゃんのとなり。
そうだ、ふたりは夫婦だったね。

(たまごやき・福島県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ウェディングドレスは見せられなかったけど
夫婦で「身の丈に合った生活」しています。
お祖父ちゃんのアドバイス、忘れないよ!

(しの・宮城県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

父さん今日も暑い一日がはじまるね。
今年も父さんの菜園に野菜が育ったよ。
これが今年最初のなすときゅうりだよ。

(数馬さん・愛知県・71・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

お仏飯が変わりました。ご飯、パン、パスタ
等、私たちと同じですが、ご先祖様は、
田舎の美味しいお米がお好きでしょうね。

(のんの・京都府・76・女性・ご先祖様)

【第16次応募作品】

忍兄さん、天国でも麻雀してますか?
調子はどうですか勝っていますか
毎日、相手を煙に舞く線香を焚きます

(奄美鳩通信社・兵庫県・67・男性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

毎年一緒に祝ったお誕生日。
今年はバラの香りのお線香贈ります。
バラの香り、天の国まで届いたかな?

(ミチババ・埼玉県・62・女性・友へ)

【第16次応募作品】

姉貴、かわいい孫が生まれたよ。
写メの樹(たつき)、笑ってくれたよ。
娘の妊娠知ってて,自死なんて

(まことちゃん・北海道・70・男性・兄弟姉妹へ)

【第16次応募作品】

手をあわせ笑顔見つめ思い出す
薪の香りとお味噌汁
今日食しあの頃へ

(かよちん・大阪府・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

人生の歯車を変えてくれたのはおじちゃん
知らせを受けた日は羨むほどの青空だったね
五月の空は儚くもあり優しくもあり

(ゆうこさん・北海道・39・女性・菊夫おじちゃんへ)

【第16次応募作品】

嘘に付き合ってくれてありがとう
泣きながら飲んだカップスープ忘れないよ
第2のお母さん、いつもありがとう

(まいまこ・広島県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

お義父さんようやく平安の日々ですね
昔勤めていた鉄道のこと忘れて
ゆっくりと天国でお義母さん見守ってね

(岐阜屋根の草・岐阜県・66・男性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

少し休めや。そう言われて嬉しくて今も毎日
仏壇掃除。相変わらずだと呆れてるのか
話掛ければ笑うかわりにゆれる線香の煙

(ようこ・長野県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

おとうちゃん、おかあちゃん 私ね!
親孝行するのに こんなに時間がかかると
思ってもみませんでした。

(ぽぷり・岡山県・60・女性・父へ・母へ)

【第16次応募作品】

言いたいコト いっぱいあったのに
君の顔見ると すべてすっ飛んじゃった
私の怒り どこかに落ちてませんか?

(ぽぷり・岡山県・60・女性・子どもへ)

【第16次応募作品】

青春の中の君 人生半世紀以上生きた大人
理解出来ないね でも大人ってちっぽけ
だから 君が 嫌がるほど 心配するんだよ

(ぽぷり・岡山県・60・女性・子どもへ)

【第16次応募作品】

寡黙な貴女に不満を持ち 聞いてんの?
そんな中 私の心が折れそうな時
口下手 不器用な貴方に救われ感謝!

(ぽぷり・岡山県・60・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

みなさんがいてくれたから今があり
今があるからみなさんを想う
在ることにも無きことにもみな ありがとう

(一輪の薔薇・東京都・50・女性・親族へ)

【第16次応募作品】

いつも笑顔のお婆ちゃん。
心配性だったけどそれが愛だとわかってる。
あまり言ってないけど、大好きだよ。

(千尋・大阪府・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

ふわり 線香の芳香に包まれて 瞼を閉じた
記憶の中の君ですら、僕を見てはくれなくて
それでも僕は言い続ける 君を愛していると

(蝙蝠・埼玉県・20・男性・想い人へ)

【第16次応募作品】

お義父さんがいなくては
春はこないと思っていました
でも くるのですね

(マリ・山形県・45・女性・義父へ)

【第16次応募作品】

もう決まってることなんだ
今さら悲しみの感情は湧き出てこない
あのときの号泣の意味はなにを指してたの

(川?ありさ・福岡県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

もう涙がでてこない
この事実を受け止められたから
最初から泣いてなんていなかったの

(川?ありさ・福岡県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

分からなかった なにを考えてるか
ありがとう けどなんでわたしが
いまやあなたの写真を眺めているの

(川?ありさ・福岡県・19・女性・夫へ・妻へ)

【第16次応募作品】

だれなんだろう いま目の前で
ろうそくを灯しているのは
これはほんとにわたしが灯した光なのかな

(川?ありさ・福岡県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

知らない 生きてたことなんて
わたしの感情と
今の空間とがリンクしていること以外

(川?ありさ・福岡県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

なんまんだなんまんだなんなんだ
紛れもなくわたしは空虚
彼はいまなにか考えてるのかな

(川?ありさ・福岡県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第16次応募作品】

真っ白な一枚の画用紙に
君が好きに描いた色鮮やかな世界は
君のみえる景色を色鮮やかに彩り始める

(陸・沖縄県・33・男性・仕事で関わった子どもたちへ)

【第16次応募作品】

せっかくのお線香を煙たいだなんてねえ。
遠く旅立っても相変わらずのわがまま。
何だかまだそこにいるような気がするよ。

(shi_shi・神奈川県・44・男性・父へ・母へ)

このページのトップへ