やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

ひとたび瞳を閉じて、あなたのことを思えば
わたしは陽光みたいな煙と香りに包まれて
わたしはあなたと過不足なく調和する

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ころん・愛知県・18才・女性〉からの投稿

仏壇やお墓に線香をあげると、わたしの身も心も清められて、亡くなった方の思いが、わたしの心に浮かんでくるような気持ちになります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ