やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第22次応募作品】

生きていることが当たり前だと思ってた
おじいちゃん
会えないってこんなに寂しかったっけ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かみしも・東京都・30才・男性〉からの投稿

理由をつけては会いにきてくれた優しい祖父が人知れずひとりで部屋で亡くなったときは何も考えられませんでした。身近な人の死に触れて心の中がごっそりもっていかれたときの空洞感を初めて味わいました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ