やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[恋人へ]の想い 男性 60歳以上

【第22次応募作品】

昨夜投げた汚い言葉が最後とは
何故優しく見送らなかったのだろう
悔やんでも悔やみきれないこの青空

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈たまろう・岐阜県・66才・男性〉からの投稿

かつての恋人とデートして、ひょんなことで喧嘩して別れたがその恋人は交通事故で他界してしまった。知らせを聞いた時は妙に太陽がまぶしすぎる感じがして力が入らなかった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ