やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 40歳代

【第22次応募作品】

長い時を巡り、やっと今
同じ世界で一緒に暮らせるね
だって二人は違う世界を生きていたからね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆのモモ・兵庫県・45才・女性〉からの投稿

おじは元気に働いていましたが、ある日突然精神分裂になってしまい、亡くなったのも突然でした。おじしかわからない違う世界(次元)を生きてやっと祖母と一緒に。今は喜んでいる気がして想いを代わりに届けさせてもらいました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ