やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第22次応募作品】

いつも見守ってくれてありがとう、お父さん
そちらで自慢の娘、孫になれるように
いいことがあったら手を合わせて報告するね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈お父さん大好き・岐阜県・47才・女性〉からの投稿

いつもなにかいいことがあれば私も子供たちも手を合わせて仏壇に報告しています。ここにお父さんがいてくれたらいいなあといつも思うけど、あの世で私たちの自慢話をみんなに話せるように、いいことがあったら報告すると決めています。わたしは内緒で悩んでるときにも仏壇の前で手を合わせていますが、不思議と迷っている答えが自分自身で導き出せます。お父さんのおかげかな?

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ