やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 50歳代

【第22次応募作品】

毎朝の習慣を 嫁いだときには驚かれ
それじゃあ俺もと 共に手をあわせて
今では子らが 火を灯すこと

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈埴生ひかる・千葉県・51才・女性〉からの投稿

実家のご先祖様を毎朝拝んでおりました。嫁ぎ先でも、そのご先祖様を毎朝拝むと意外にも婚家ではその習慣がなかったようで。そんな、お話です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ