やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

私の成人式の日、写真嫌いのじいちゃんが
自分から「一緒に撮ろう」と言ってきたね
それが4ヶ月後じいちゃんの遺影になったよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈波音・長崎県・26才・女性〉からの投稿

漁師だった祖父が写ってる写真と言えば、十年も二十年も前に撮った船の免許のみ。自分が長くないと分かってたのか、珍しく写真に写りたいと言ってきた。写り慣れてないからぎこちない笑顔だけど、お参りに来てくれる人みんなに良い写真だねと言われている。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ