やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 

※各作品の詳細ページは「詳細はこちら」ボタンをクリックするとご覧になれます。

【第14次応募作品】

今日もたくさん話せました。
でも、やっぱり1本の時間じゃ短いです。
もう1本、お線香をあげてもいいですか。

(もと吉・大阪府・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

赤貝ときゅうりの酢の物つくったよ
「なつかしい」
ばぁばの味みんなの中で生きてるよ

(やしゆり・東京都・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

1度でもいいから、また会いたい。
ところで、おじいちゃん、おばあちゃん。
お宝残したのに言い忘れたってことな〜い?

(ひっこ・千葉県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

大好きな、祖父母に会いに帰省する度
満面の、しわくちゃな笑顔で迎えてくれたね
「よー来たな。婆さんコーヒー淹れてくれ」

(おしんこ・岡山県・46・男性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

学校でイジメられた時、彼にフラれた時
白黒のあなたはいつも微笑んでくれた
会ったことのない祖父の「何とかなるさ」

(きよきよ・岡山県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

1本のお線香
遠く遠くのあの世とこの世
じいじと私を結びます

(まあち・静岡県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

おばあちゃん、私に孫が産まれました。
抱っこしたり遊んだり待て待てしたり。
おばあちゃんのこと毎日、思い出してるよ。

(たけのこ・奈良県・55・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

幼いころ、私が泣いていると決まって言う
大丈夫、大丈夫
くじけそうな時、今も聞こえる

(うさぎ・埼玉県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

いつも大きないびきをかいて寝てたよね
静まりかえったうちには
虫の声しか聞こえない

(さち・大阪府・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

お仏壇のマッチを擦りたがった幼い私に
火の着け方を教えてくれたおばあちゃん。
ありがとう。娘にも習った通りに伝えます。

(riko・東京都・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第7次応募作品】

いつも祖父の運転で行っていたお墓参り
いつからか主人が運転するようになり
今年は初心者マークの娘の運転でした、

(お花花・千葉県・55・女性・祖父へ・祖母へ)

【第6次応募作品】

あなたはいつも笑ってわたしを見つめた
あやまちを笑顔で、なかったことにした
笑顔でしか笑顔を生みださないのですね

(雨の国・東京都・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第4次応募作品】

ばあちゃんのお気に入りだった私の彼氏
ばあちゃんの孫になったよ
それと、もうすぐひ孫が産まれるよ

(とも・京都府・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第4次応募作品】

病床で喜んでくれたひ孫の誕生 
一度も抱っこさせてあげられなかったけど
一緒に生きた十日間、必ずこの子に話します

(ともぽん・京都府・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第1次応募作品】

おじいちゃん 憶えてる?
泳げない私に海で教えてくれた面かぶり
私ね、今日大会で新記録出したんだよ

(・神奈川県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

会いたいと星に願うのも
雨の夜には、できません。
だから毎日、ここから祈りを送ります。

(高田蕨・東京都・30・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

頑固で怒ると怖いおじいちゃん
苦手で避けたりして、口にしなかったけど
ずっとずっと、大好きです

(むい・東京都・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

頑固で怖い心配性のおじいちゃん
私達はそれなりに頑張っていますから
出てきたら怖いけど、会いたいです。

(むい・東京都・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

泣き顔はもう見たくないよね
私はきっと頑張れるから
どうか、涙する私を叱ってください

(むい・東京都・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

アガパンサスの咲く頃に、毎年
我が家を訪れてくれたばあちゃんが
帰った後の、サロンパスの匂い懐かしい。

(じゅんグランマ・大分県・62・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

線香の煙のむこうに
やさしい祖母のえがおが見える
思いを手向けたい

(あたたかな気持ち・香川県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

じいちゃん、ばあちゃんにはもう会えた?
10年寝たきりだったから歩けるか心配です
36年振りの笑顔を早く見つけてあげてね

(えとあ・福井県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

一歩一歩とあんよの練習
思い出は少ないけれど
覚えているよ、じいじの大きな手

(いちじく・福岡県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

そちらでおじいちゃんと喧嘩をしてますか?
本当は仲良しだったね。私もそうなりたいな
でもお互い、喧嘩はほどほどにね。

(いしゆ・千葉県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

この匂い、この煙が思い出させてくれる。
同じ匂いと同じ煙がデジャブのように。
前は一緒にお線香たいたね、おばあちゃん。

(りんごちゃん・兵庫県・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

あなたと歩む先が別れてから、
同じ年月だけ歳をとりました。
まだ忘れません、その腕枕の温かさ。

(夏の鮎・東京都・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

思い出は、記憶を描き直すことなんだね。
きっと、その時々で少しずつ違っている。
まるで思い出すわたしに寄り添うように。

(もりちえ・福岡県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

初給料
まずは祖父母に
御報告

(三日坊主です・福岡県・66・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

元気ですか。
空は青いですか。
同じ青い空を見つめられたら幸せだなあ。

(なっちゃん・石川県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

今日供えた花
おばあちゃんの笑顔とだぶります
一日でも長くもつよう大切にするね

(こなお・東京都・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

レンズ、私のカメラとぴったり合ったよ。
仕事中、そばにいてくれる気がしてる。
これからも私に力、貸してね。

(なー・大分県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

あなたのいる場所へ連れて行って欲しいけど
まだまだ長生きするしかないなぁ
いつか会えるその日、そしたら褒めてね

(かりんまこと・秋田県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

そちらに行ってすぐに夢にきてくれたね。
あのドラマ見たかや?と聞かれても。
最終回一緒に見たじゃん。

(ななお・新潟県・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

いつもいつも私を守ってくれている。
いつもいつも私に教えてくれている。
いつもいつも感謝しています。ありがとう。

(ポテト・三重県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

ばあちゃん、私、ミシンをこないだ使ったよ
舞台の衣装作ったよ
ミシン教えてほしかったな

(壬穂・東京都・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

セピア色の写真がタンスから出てきました。
若い頃そっくりと言われた私の30年。
鏡のようです、言葉の通りに。

(元おじいちゃん子・東京都・30・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

悩んでもあなたが見ててくれるから
心の階段をのぼる力になる
人は死んでも何かができる

(大野美波・埼玉県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

両親の亡い私を育ててくれてありがとう
不自由な足を引きずりながら働いていた
優しかったじいちゃん今でも私の枕元に

(ヨウちゃん・愛知県・79・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

おじいさん。父は貴方に続きました。
そして、私も。息子たちも。
今、孫が同じ道をめざしています。

(じーじ・福岡県・76・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

いつも私の傍に居てくれたおじいちゃん
一緒に組み立てした独り暮らし用の家具
子供が産まれた今も大切に使ってるよ

(なおたろ・愛知県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

賑やかな家も、今や仏壇だけが道しるべ。
私たちが普段交わす何気ない会話。
その端々に二人の命は息づいています。

(えりぼう・宮崎県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

貴方のいた店も家も、いつものままです。
窓から見える外も、人も、いつも通りです。
でも、景色が違って見えます。変ですよね。

(キロ・神奈川県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

おじいちゃん、いなくてさみしいよ。
たまにおせんこうあげるね。
だから、たまに夢に出てきてね。

(アスナ・新潟県・12・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

思春期の私には、さようならも言えなかった
でも、言わなくて本当に良かった
いつでも話せると、大人になって気付いたよ

(ちゃんみ・静岡県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

お線香の匂いをかぐと、会えたように思う。
セーターの背中にぎゅっと抱きついたとき、
ふわりと香った匂いをいつも思い出す。

(よっちゃん・静岡県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

煙にのって、会いに行けたらと思う。
自分で火を点けられるようになった姿を
どうか見ていてほしいと願う。

(よっちゃん・静岡県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

涼風がたつ中、よくお地蔵さんに
おんぶして連れていってくれたね!
今でも毎日お地蔵さんにお参りに行ってるよ

(お茶人・奈良県・24・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

僕が二人の家を訪れた時だけケンカしない
だからお土産持って甘えに行ってたんだ
あと五十年待っててくれる?ケンカせずにね

(KOZO49・三重県・49・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

たまにしか手を合わせない孫でごめんね。
父も母も80半ば、年老いてきました。
親孝行する時間を下さい、1日でも長く。

(つーさん・山梨県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

そっちでも歌舞伎を楽しんでいますか
私は己に睨みを利かせながらも
元気にやってるよ!じいちゃん。

(ねこの・神奈川県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

おばあちゃん、行ってきます。
今日の体育ドッチボール。苦手なんだよね。
登校前に手を合わせ、お話ししてる娘です。

(いくこ・埼玉県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

また一日が始まるよ
いつかあなたのようになりたいと
あなたの日常をなぞって修行してます

(こなお・東京都・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

待ち合わせ場所の仏壇で
告げるはいつもごめんなさいとありがとう
線香に想い灯らせ 心の言葉を煙にのせて

(真未・東京都・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

タバコの煙とかは
すごく苦手なのになぜか
この時間のにおいは好きになれたよ

(める・東京都・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

会えなくても 見えなくても
いつも側で叱ってくれる 見ていてくれる
これからもずっと 大好きです

(きゅう・山口県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

白檀、ラベンダーに柚子。
毎朝違う香りが揺蕩うあなたの部屋。
変わらないのは写真の中のあなただけ。

(蝉・群馬県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

いつだって思っています
病院へ駆けつけて握った手が間に合ったのか
あなたの脳波はその後すぐ消えたから

(かんろ・栃木県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

美味しいですか?
大好きだったよね、おたふく豆
うめぇなぁって言ってくれてる顔が浮かぶよ

(ゆうゆうママ・山形県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

おばあちゃん、線香あげて気づいたよ。
イライラしてたらゆっくりと
灰になるんだ、「焦りなさんな」と。

(おーちゃん・長崎県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

あなたが私を見守ってくれていると思うから
私は何だか
前よりも「強くなった」と思うのです

(浦聖人・愛知県・34・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

冬のある日に閉じた瞳と
雪より冷たくなった掌
春にはあなたとまた会えるかな

(さーや・北海道・15・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

おじいちゃんが夢に出てきた日は
私は朝から気持ちがね、ほんわかするのよ
活き活きと喋り動くから、まだ生きてる様で

(ツチノコ・長野県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

毎日、笑顔で言葉をかけてくれた
今は私がお空に向かい、言葉をかけます。
会えなくても、言葉は交わせるね。

(ゆかり・神奈川県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

ありがとう
無心になれる
ひと時を

(aurora・埼玉県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

東京での暮らしに慣れてきた日の突然の電話
あまりに突然で頭が真っ白になってしまった
これからも僕たちを空から見守ってください

(涼汰・東京都・27・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

白黒写真に手を合わせて30年です
その内私が追い越してしまうかも知れません
再会した時あなたより年上でも私は孫です

(タンポポ・大阪府・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

突然旅に出たおばあちゃん
私はもう高校生になったのよ
空からきっとみてくれたよね

(コブタ・埼玉県・16・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

98歳でお迎えがきたお婆ちゃん。
やっとお爺ちゃんに会えたんだね。
75年の片想い、長かったけど叶ったね。

(もふもふもこ・愛媛県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

「早くひ孫を見せてくれ」
祖父母は会うと言いました
今、この笑顔見えますか?

(ラジーオ・三重県・31・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

あなたはどうしようもない人間でした
それでも僕に譲った使い古しのクレヨンは
寂しい僕の一番の味方でした

(ゆうた・京都府・22・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

「できないことは、出来ない!でいい。」
それが男らしくて良いじゃないか。
この言葉は僕の財産です。

(正義・山形県・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

また来てくれたんか
そう言って笑う顔が
柔らかい煙の向こうに見えた

(織 凛子・岡山県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

しょぼしょぼの目から涙が沢山出ていて
手を降る貴女を最後まで見つめられなかった
まどかは元気だよ。もう一年経ったね。

(雪見大福・宮城県・16・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

お父さんもついこの間そっちに逝ったよ。
お祖母ちゃん、甘えさせてあげてね。
ものすごく病気と闘って頑張ったからさ。

(アマリリス・大阪府・54・女性・祖父へ・祖母へ)

【第14次応募作品】

ばあちゃん、おはようさん。
今日も大好物の唐揚げ供えたからね。
ところで天国に唐揚げはありますか?

(レクどん・福岡県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

線香から漂うほのかな煙
まるで天にいる祖母と現世が
繋がっている糸のようだ

(サセボン・新潟県・44・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん ただいま。
しばらくお世話になります。
さて 何から話そうか。

(なこなこ・京都府・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん、今どこにいますか?
そちらではどこでも自由に旅行に行けるね
でも曾孫が生まれたから、たまには寄ってね

(ひよこ・兵庫県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

僕が生まれる前に他界してしまった祖母
写真を見て優しそうな人だなと思いながら
見守っていてくださいと線香をあげる

(KUMA・広島県・13・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

日露戦争で大陸に行ったおじいちゃん。
あっちで中華饅頭を食べたんだっけね。
肉まん見るたび、思い出すよ。

(るるぴに・埼玉県・56・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん、あれから20年
おばあちゃんのいなり寿司つくってみたよ
おばあちゃんの味が恋しくて

(あられ・大阪府・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

私に夫を下さってありがとう
あの世でお会いした時みんなご存知ですか
家名はつなぎました。褒めて下さいね

(マリーちゃん・奈良県・78・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、初めて孫を連れきたよ。
どんな時も応援してくれた、おじいちゃん。
お空の上から、見守っててね。

(みなみかぜ・茨城県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

まだおかんを連れていかないでね。
旦那と一緒に私も仕事を頑張るから。
花嫁姿を見せる日までは、どうか、どうか。

(かんな・東京都・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じいちゃんが「いいな」って言ってくれた
看護師になって働けている
私がじいちゃんを看たかったな

(fan・北海道・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

遺影でしか知らない祖父の
面影は父にも私にも
鏡の中で受け継がれているよ

(はなた・岐阜県・48・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

認知症で何もかも忘れたまま
天国に召された祖母
天国では私のことを思い出せた?

(はなた・岐阜県・48・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ありがとう
今さらじゃなくて、今だから
こころの奥で、何度も言うね

(しろあ・神奈川県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お爺ちゃん、沢山可愛がって貰ったのに
ごめんなさい。許してくれるかな?
お爺ちゃんとの思い出も写真も大切にするね

(小松咲良・長野県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

今 生きている 孫の私たち
もし 2人がいなかったら
お墓参り 行けなかった

(前進・東京都・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん、あちらでは元気に過ごしてる?
いつも私のこと見守っていたように
今もそばで見ててくれてると感じてるよ。

(さなりん・北海道・50・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

天国で行方知れずになったら大変!大変!と
ばっちゃんは戒名を暗記していたけれど
じっちゃんは“じっちゃん”だよねえ

(あやこ・埼玉県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

線香で邪気を払い
毎日健康
無邪気に生きる

(chosan・茨城県・68・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

故郷へ帰る度に、背を比べようと誘った祖父
今はこんなに大きくなりました。
これからも、ずっと見守っていてください。

(にんぐ・東京都・25・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん あれからずい分経ちました
小さかった私が 子供2人のお母さんです
仏前で合わす手が増えて 賑やかでしょう?

(かおる・広島県・51・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

母は言う。ばあちゃんどうですか?
じいちゃんと仲良くしてる?
姉妹に会いに行ってるのかな?

(みかん123・岐阜県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「死んだらお花を絶やさないでね」の約束
なかなか果たせなくて気がかりだったけど
地元に引っ越してきたから。また来るね。

(けみこ・千葉県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

さきにいく
こうじて香じる
お線香

(アトリエ マエマ・愛知県・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

さきにいく
かんじを香じる
線香で

(アトリエ マエマ・愛知県・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん、いい葬式だったね
30年ぶりにおばさんに会ったよ
「立派になった」だってさ、いい思い出だよ

(スキッパー・長野県・46・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

もう、見守ってなんて言わないよ。
だから安心して生まれ変わっていいからね。
今度会った時は、私が守ってあげる。

(みよ・大阪府・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

毎日お菓子をもらっていいなあ
おじいちゃん、ひとつもらっていい?
お線香のかわりに

(てんこ・東京都・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

毎日同じ顔はあきるでしょ
ぼくが写真とるから
今度でてきてね、おじいちゃん

(てんこ・東京都・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん
まいにち
おたんじょうびなの?

(てんこ・東京都・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

けむりのみちを
ついてゆけば
おじちゃんいあえるかな

(てんこ・東京都・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「餞別じゃ。美味いものでも食え」
家出する俺の手に握らせた千円札
婆ちゃんよ、五十年経った今も持ってるよ。

(三郎・千葉県・67・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

あなたのように怒ったり
あなたのように笑う
そんなあなたの孫達が会いに来たよ

(ガードマン・埼玉県・31・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お仏壇に願い事はするもんじゃないって。
でも、やっぱり言っちゃうね。
今日もみんな元気に過ごせますように。

(おっぺけ母ちゃん・埼玉県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

あけましておめでとう。
今年も曾孫連れてみんなで遊びに来たよ。
みんなが笑顔で過ごせるよう見守っててね。

(だいまま・東京都・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

大切に育ててもらったのに、
まだまだな私でごめんなさい。
がんばるから見守っててね、おばあちゃん。

(ももちゃんありがとう・群馬県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

手を合わせて、ふと上を見上げてみる
優しくのびる煙の先は
優しいばあばが微笑んでいました。

(ぱんだ・千葉県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいさん、お墓が近くで通いやすいよ
昔、家を増築してくれたよね
その家に今は主人と共に住んでいるよ

(無・神奈川県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ひさしぶりに帰ってきたよ、ばあちゃん
東京でも見守ってくれてたんだろうね
また会いに来るから待っててね

(ゴマフmine・東京都・20・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じいちゃんもよく二人で出かけていたそうで
そう言えば俺もよく遠くへ出かけています。
確実に血を受け継いでいるんだと思います。

(むらちゃんた・福岡県・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、そちらはきっと暇だよね
ちょっとフライングキメすぎじゃない???
今現在、こちらの皆は孫より元気です

(りほ・兵庫県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

祖父母がしていたように今度は
父母が互いに湿布を貼りあっています。
私もいつか。

(natsuo・三重県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

貴女が亡くなって12年になります。
私にもようやく彼氏ができました。
ひいおじいちゃんみたいな、優しい人です。

(えい・岐阜県・22・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「ただいま」
今年の夏も、家族で来たよ。
来年も、再来年もくるけんね。

(ぶりっこはまち・東京都・54・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、私と会わずに逝ったけど
おばあちゃんは今でも惚気けるの
いつかはじめましてと会うのが楽しみです

(こいまり・東京都・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

このお線香のけむり瑞雲となり
このお線香のかおり薫風となって
天国のご先祖に届けられますように

(千手観音・神奈川県・70・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

せっかくみんな集まったんだから
今日はしかめっ面なんてしないで
思い出話を聞いてあげてね

(はなお・北海道・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

元気にしてますか?
いつも見守ってくれてありがとう。
誇りの孫と思ってもらえるようがんばるね。

(えびこ。・大阪府・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

立ち昇る煙は 糸電話の糸のように 
今 貴方につながっています
おかげ様で 元気でやっていますよ

(ちゅん助・愛知県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

忘れたりしないよ
ぼくを大切にしてくれたんだから
今も、ぼくの心のなかで笑ってるよ

(タム・京都府・20・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

私が病気になって心配してるよね
でも大丈夫!そっちには行かないよ…
まだまだ語る思い出話が足らないからね

(ばんび・愛知県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「ひいーばあちゃ」
お話上手になったでしょ?
孫とひ孫と手を合わせ。

(ちょも子・北海道・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ネエばあちゃん
好きやったおはぎ買ってきたよ
香り届く様にチンしといたからね

(ゆうたろ・大阪府・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

今日こんなことかあってねと話をする
そっと優しい笑顔で私をみつめてくれる
いつもの線香の匂いが私の心をなでる。

(カトパンマン・富山県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「無理するな」
最高の愛言葉をもらうため
帰省して線香をあげる

(まびまび・神奈川県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

何があっても凛としてたお婆ちゃん
私も強い!強い!って言われるんだよ
でも婆ちゃんだって陰で泣いてたんだよね

(もちもち・福井県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お元気ですか?
そっちの世界の暮らしはどうですか?
また会いに来るからね

(Aika・神奈川県・18・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

聞こえてますか?
声に出さなくても分かりますか?
毎日のありがとう。

(メロンカメ・愛知県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

戦争、生活、病気と大変だったね
そちらは今は春ですか
こちらは春で家族みんな元気です

(はる・香川県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃんにゆずってもらったマフラー
柔らかくてすごく温かいよ
これから一緒に沢山旅しようね

(あびちゃん・千葉県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

いつも見守ってくれてる、おばあちゃんへ
「ありがとう」と、そっと手を合わせる
いつかは私も、見守る側へ

(春つばめ・栃木県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

あなたが遺した香袋と
同じ匂いをようやっと
見つけて灯せた線香のけむ

(睦孝・兵庫県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

もしもし、じぃちゃん。
僕ね、じぃちゃんから貰った名前
ずっとずっと大切にするからね。

(あきよし・茨城県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばぁちゃん。おじいちゃんには会えた?
私の時は、きっと愛犬も迎えにくるから
きっときっと大きな家族が生まれるね

(りえ・愛媛県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

兄ちゃんがさ、仕事はじめたよ
私もやっと結婚したし、子どももできた
ばあちゃんの言う通りだったよ

(ナナコ・福岡県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん あなたのひ孫が生まれたよ。
なんだかとても
おばあちゃんにそっくりです。

(フィオ・東京都・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃんのまねをして
仏壇の前で手を合わせ
楽しんでいたよ 線香の香り

(なんてゆうか・沖縄県・61・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じぃちゃん、おはよっ!
今日は足の調子いいみたい。
試合、行ってきます!

(蘭子・長崎県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃんがいつも見守ってくれてるから
おばあちゃんとっても元気になってきたよ
まだまだそちらから見守ってあげてね。

(もこ・神奈川県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

子供の頃、婆ちゃんと行っていたお墓参り。
今度は僕が子供達を連れて行っています。
これからもみんなの成長を見守ってね。

(ゆらゆらら・広島県・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

仏壇の前で手を合わせると
あの頃のばあちゃんの気持ちが
分かる気がしてきたよ

(こなお・埼玉県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

写真でしか会った事のないじいちゃんへ
日本酒好きは私だけが受け継いでます。
その内、良いお酒を二人占めしようね!

(狸・埼玉県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お父さんのお父さん、お母さん
会えていたら可愛がってくれただろうな
お父さんの代わりに私が毎月お参りするね

(あゆか・香川県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じいちゃんだけには、素直に言える
私の本当の気持ち
いつも、そばにいてくれて“ありがとう”

(ちいちゃん・福島県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん見えますか
四人の孫達に囲まれている私を
私を愛してくれた訳がやっとわかりました

(佳子・茨城県・56・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お仏壇は願い事する場所じゃない
おばあちゃん、やっとその意味が分かったよ
この香り、私の祈り、天国まで届いてる?

(あやか・大阪府・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じいちゃん好きだった、庭のキウイフルーツ
今年は不作だったよ。お供えも少しだけね。
もしかして、もうお腹いっぱいかな。

(ぴよのすけ・新潟県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

父と母が「まずかったよね」と笑う
伸びきった煮込みうどん
私にとっては祖父の味

(北の夏の子・埼玉県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ついに返せなかった
おじいちゃんが貸してくれた本
読んでは、あなたを思い出しています

(北の夏の子・埼玉県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、久しぶり
最近おじいちゃんの書斎から本を借りてます
私にとっての図書館になりそうだよ

(北の夏の子・埼玉県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じいじには会ったことはないけれど
写真とばあばが
教えてくれる

(MOO・京都府・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

私の一番の味方でいてくれたおばあちゃん
おばあちゃんを思い出さない日はないよ
だって家族で私が一番おばあちゃん似だから

(茶太郎・愛知県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん、嬉しい話聞いて。お母さんが
おばあちゃんそっくり顔になったよ。歳は
おばあちゃんを二つ超えてますます元気!!

(ゆみこ・大阪府・66・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

あっという間に 10年過ぎた
あの日から おばあちゃんの姿は変わらない
私もすっかり大人になったよ

(檀・東京都・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「線香の香りは死者を慰める」
そう私に教えた祖母。
寂しくないよね?お祖母ちゃん。

(島根のぽん太・島根県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

「じいちゃんが死んだら線香お願いな」。
あの時「うん。」って言ったから、
こうして私は線香あげる。

(島根のぽん太・島根県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

たった一週間前になくなったばあちゃん
あなたとケンカばかりしてた親父が
少し泣いてたよ

(YAMA ・京都府・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばぁちゃんひさしぶり
たまには夢の中でもイイから戻ってきて
わたしのこと叱ってよ

(ここあ・千葉県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばぁばそちらの暮らしは慣れた?
あれから2年かぁ。ひ孫はもう1年生
天国からランドセル届いたよ。

(ゆいママ・愛媛県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

どんな味付けしていたのミートソース?
どうしてもおじいちゃんの味にならないや。
聞いときゃ良かったな、あのレシピ。

(あしべ・大阪府・27・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃんとおばあちゃんとの想い出
たくさん持っているって思うと
自信の無い私だけど少し誇らしくなれるよ

(あお・栃木県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

もうすぐ一歳の息子が仏壇の前で
お手手を合わせるようになったよ
おじいちゃんとお話ししているのかな

(うさき・千葉県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

これ、うちの局で買ったお線香です。
いつも食べ物ばかりだから、たまには。
あー、もっと色々お話ししたらよかった。

(かきんご・奈良県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お父さん、大好きよ。
お母さんが泣きながら、叫んだ声。
耳に届いていたかな。

(ぽんぽん・愛知県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん 会いたいよ。
ひ孫を抱けなくてゴメンね。
私のお腹に戻って来て。会いたいよ。

(ちいちゃん・福島県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おはようございます。
おかげさまで、楽しく過ごせています。
今日も元気に行ってきます。

(はるか・神奈川県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

今でも毎日心配かけてごめんね
負けず嫌いな私も、たまに泣いちゃうけど
優しくも厳しく、天国から喝いれてね!

(くろまめ・北海道・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあば、いつも見守ってくれてありがとう
そのおかげで私は幸せに過ごせてます
これからも見守っててね

(coconut・東京都・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おはようございます!
いつも、見守ってくれて、ありがとう
感謝して、毎日がんばります

(ラッキー・福島県・54・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、おばあちゃんを、
これからも見守っていてね。おばあちゃん、
一人暮らしだから心配なの。

(東海ひらり・埼玉県・15・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

私ね、高校でも陸上続けます。
だから、大会見に来てね。
天国から見守っていてね。

(東海ひらり・埼玉県・15・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

会ったことのないおじいちゃん
会えたときにはよろしくね
「まだお前には早すぎる」

(あずき・東京都・23・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじじ あーやんへ
コンテストをだしにして・・・
心配〜〜〜〜〜〜〜〜ねえ!!

(現在無職!!・北海道・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

僕 教師になれたよ おじいちゃん
みんな仲良く けがせんように
次は僕が 祈る番だよ

(にっしー・大阪府・56・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん元気ですか?
心配かけたけど、私すっごく強くなったよ。
辛くなったら、また空見上げるね。

(みこ・大分県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

生まれた時にはもういなかったおじいちゃん
届くといいな けむりと香りで伝える
「帰ってきたよ」と「またね」の言葉

(ざくろ・埼玉県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

笑って聞いてください。
会社やめました。
おじいちゃんのように自分を生きます。

(mai・福島県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ねぇじいじ
うちの子今年
1年生

(じぃちゃん子・静岡県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

じーちゃん、もう18歳になったんだよ。
天国でも無口なままなのかなあ?
またカニのむきかた、教えてよ。

(ゆたろ・神奈川県・18・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ひいばあちゃん、元気にしてる?
またよもぎだんご食べたいなあ。
そっちでも作りすぎてない?

(熊のぼる・東京都・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

仏様は香食と言って香りを食べるそうですね
だから叔母はいつだってお酒を供えてます!
甘党のばぁが好きだった砂糖入り麦酒を。

(ひよこ・東京都・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

無事に天国に着いたかな?
じいじの愛用の筆でお習字を始めたよ
上達したら見に来てね

(空・埼玉県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

武勇伝しかない、ツルばあちゃん、
娘は芸人めざしています。
生きていたらエピソードトーク量産だろなぁ

(ゆずもも・東京都・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん、いつも言ってたね。
戦争だけはしちゃいけない。絶対ダメだ。
先日、国際結婚したんだよ。

(ごんさく・鳥取県・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん ごめんなさい
でもいつか必ず 夢をかなえるから
おばあちゃんとの約束 ちゃんと守るからね

(高橋聖子・東京都・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃん 元気ですか?
おじいちゃんには 会えましたか?
私の話 たくさんしてね!!

(高橋聖子・東京都・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

祖父と一週間しかこの世で共存しなかった
生まれ変わりだと言われた
俺はここに生きてるぜ

(綿貫渉・東京都・26・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お喋り好きがそっちに集まって、
こちらはとっても静かになっちゃった。
ばあちゃん、今もたくさんお喋りしてる?

(千夜・大分県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃんからの電話がなくて寂しいよ。
電話番号はずっと残しているから、
またいつでもかけてきてね。

(千夜・大分県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おばあちゃんの好きな白小菊を買ってきたよ
この花の花言葉を覚えている?
それは「私はあなたを愛する」だよ

(染ちゃん・東京都・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おかげさま、感謝の気持ちで手を合わせ
つぶやく言葉はいつも
ありがとうじいちゃん

(ceeport・山形県・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん元気にしてる?
お墓、いつもお花一杯で綺麗だね
まだまだ、じいちゃんの事守っててね

(paje・愛知県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

米寿の父も卒寿の伯父も傘寿の叔母も
皆元気でそっちへ行けません
遅くてすみません、もう少し待っててね。

(光風雫・福井県・52・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃん元気かな?
そっちからも見てると思うけど
おばあちゃんは強く生きてるよ

(島村若鈴・東京都・24・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おはよう、おやすみ、今日はね、、
私の声ちゃん届いているかな。
今どんな顔して聞いていてくれるかな。

(さあちゃん・静岡県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お線香をあげてもお話はできないけど、
きっとそっちでも旅行で忙しいのかな。
それなら、安心です。

(寿司ばらん・東京都・26・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

天国のおばあちゃん
私の結婚式だけは出たいと言ってくれたよね
私、明日結婚することになりました

(ムーミン・宮城県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

おじいちゃんが亡くなって36年だって。
おばあちゃんの顔を見たら驚くだろうね。
これからまた仲良く暮らしてね。

(かおこ・東京都・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

月命日にはカツ丼、新蕎麦、鰻重
じいちゃんの好物がいちばん
いい匂い、届いてる?一緒にいただきます

(フェレット・滋賀県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

辛いとき、心にババが現れる
ママとジジの話にはいつもババが出てくる
ババ、これからも皆んなの心で生き続けてね

(マロン・千葉県・13・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

私の成人式の日、写真嫌いのじいちゃんが
自分から「一緒に撮ろう」と言ってきたね
それが4ヶ月後じいちゃんの遺影になったよ

(波音・長崎県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

綺麗な物が好きな祖父
だから身体を借りたのね
春の夜、一匹の蛍

(chika・宮崎県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

いつも遺影を見てるけれど、
こんな顔だっけと時々不安になります。
でも優しくしてくれたことは忘れてないよ。

(nonom・宮城県・38・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

あなたは死んでしまったんじゃなく
私のこころの中に
引っ越しただけなんだ

(浦聖人・愛知県・34・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ああこの香り おばあちゃんちの香りだね
前はおばあちゃんがおじいちゃんに向けて
今は私からおばあちゃんにも向けて

(絢・愛知県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

若いイケメンの写真を見てたおばあちゃん。
自慢の旦那様には再会できましたか?
あの頃できなかったデート、楽しんでね。

(なな・佐賀県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

天国で楽しんでてほしいです
かわいがってくれてありがとう
思い出となってます

(黒砂糖・福岡県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

正直、いつもはジジババのこと忘れてる。
でも、命日近くにちゃんと思い出せて、
実家に線香を送ってるから、安心してね。

(ジャイ子・福島県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

ばあちゃん、天国で楽しんでる?
僕は、相変わらずだよ…
こんな僕にも、妻と子ができたよ。

(バハムート・大阪府・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

爺ちゃんよ、看取れなくてごめんなさい。
最期は看取ってあげたかった
また会える日はまだまだ遠いんだな

(佑麻・北海道・16・男性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

お金よりも何よりもばあちゃんが大切
みんなが思っててもうまく伝わらなかったね
語れなかった分、私が言葉紡ぐから。

(そらごとつむぎ・宮城県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第13次応募作品】

暫く会えずに日々が過ぎていくと
貴方は祖母の夢で私に語りかける
ごめんね、久し振り、大好きだよ

(けめこ・北海道・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

学校行けずうちひしがれた
言ってくれた「好きなものを見つけるんだ」
見つけたよ、おじいちゃん

(しずくいし・神奈川県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃんの抱っこはあったかいにおい
私に会いに来て。 膝をこさえて火を灯す
あなたを想いあの日と同じ香りのお線香に

(eko・千葉県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

お裁縫が上手だったお祖母ちゃん
運針の他にも、もっと習いたかったな
今はリフォームが流行っているのよ

(はなもも・東京都・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ばあちゃんはこの花が好きだったんだよ
静かに語る祖父
仏壇には絶えずトルコキキョウが咲く

(藤・群馬県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん、あなたの月命日のたび
僕はあなたの両の掌に頬を包まれます
たゆたうお線香の煙に焚き染められながら

(まあまあ・神奈川県・53・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

運動会は何を着ていくの?
「おじいちゃんに久しぶりに会えたよ」って
毎日孫をよろしくと頼んでくれていた母

(大津留ぐみ・北海道・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

団欒時、泣いて駄々をこねた姪っ子が
おじいちゃんに聞いてもらってくると仏壇へ
りんを鳴らし祖父を呼ぶ

(サユリ・千葉県・36・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

いつも夢の中で一杯遊んでもらっているよ
仏壇のお水を交換するのは私の仕事
生きているおばあちゃんに会いたかったな

(きんちゃん・富山県・10・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

澄みきった 空に浮かぶ丸い雲
あなたの笑顔を描き添えて
心にうつす また会えたね

(かるた名人・大阪府・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん覚えてる?最後の会話
私は覚えているよ30年経った今でも
鰻一緒に食べようねって

(うーき・埼玉県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん、あのね私看護師になったよ
おばあちゃん、あのね私結婚したよ
おばあちゃん、あのね私頑張るからね!

(あかりんご・宮崎県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

なんでお線香あげるの?
その幼いはてなは天国のじいちゃんを想う
毎日の中で分かってきたよ

(かい・宮崎県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

「ちゃんとわかっているよ」
手を合わせ祖父想う
それだけで通い合える

(yukaru・千葉県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃんと過ごした社宅は
更地の後に花壇ができて
やさしい風を吹かせています。

(なやな・岐阜県・48・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

じいちゃんのとこ行くよとせっせと坂を上り
来ましたよと線香をあげている姿を思い出す
今日は私がおばあちゃんに会いに来たよ。

(Puku・神奈川県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

3回に1回、尺八から音が出て
どうだ!と仏壇を振り返れば
「へったくそ」と、じいちゃん笑ってた

(かなかな・神奈川県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

仏壇に親と並びて向かう孫
虚空の一点見つめ不可思議に
教えぬ祖母の名呼びて手を合わすとは

(夢半ば・東京都・66・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

見出しには今日も胸騒ぎの文字が躍るね
じいちゃん、
さすかいねぇの声聞かせてよ

(さざんか・山形県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

10人の孫の中で私を一番愛してくれた祖母
その頃よく、身近の出来事を話しかけてきた
今は私が仏壇の祖母に一番話しかけている

(きこ・東京都・53・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

一人住まいをしたいと出て行った娘が、
今年のお墓参りには、
一緒に行こうと自ら帰ってきました。

(アリスの主人・静岡県・65・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

婆ちゃんは早くそっちに行きたいみたいだよ
でも、もう少しだけ待っていて
今は毎日が楽しそうだから

(佐藤 環・岐阜県・14・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

線香の匂いで思い出すお婆ちゃんの家
お泊まりの日は仏壇の前で寝ていたね
凄く怖かったのに今は幽霊でも会いたい

(村上夢々・大阪府・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ゆるやかにふくらみかけた孫の胸
あなたにも見せてやりたかった
たしかにあなたの孫は成長しています

(どてら・大阪府・49・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん、久しぶり
お線香をあげると、煙が私の方によってきた
元気か?と声をかけてくれたんだね

(よこちゃん・愛知県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

毎朝、仏壇の夫におはようを言う祖母。
けれど夜、おやすみは言わない。その理由は
「だってこの後、夢で会えるからね!」

(葡萄桃子・岡山県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おじいちゃん、おばあちゃん、今日もまた
二人の写真がくっつくように移動されてる。
犯人はあなたの息子だよ。

(ポコ太郎・香川県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

もう17回忌だなんて本当に早いね
娘の明日香は20歳になったよ
じいちゃんの写真見て「イケメン」だって

(がづごん・山口県・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

私があなたの身長を超えてしまってからも
帰省の度に背を比べ、悔しがっていましたね
今でも、成長し続けています。身長以外も。

(にんぐ・東京都・24・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ガンと申告されてから1年後にさよなら
向き合えず弱ってく大好きなおじいちゃん
最後まで受け入れられずごめんなさい。

(マイ・福島県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おじいちゃんの人生が格好よかったこと
最後の皆さんへの姿勢でわかりました。
私と一緒に生きてくれてありがとう。

(じゅんこ・北海道・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

親類が集まった時、朝が早い爺ちゃんと
私のために朝、ご飯をよそってくれてたから
今度はは私が婆ちゃんの前にご飯をよそうね

(団長・福島県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

死んだら化けては出ないと言っていた祖母
でもたまに線香の香りが部屋にすると
遊びに来てると感じるよ

(月魄・青森県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

結婚したよ、こども生まれたよ。
ばあちゃんの遺影からは
いつもほほえみがかえってくる。

(双子の母・福岡県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ばあちゃん、じいちゃん、待たせたね。
見たがってた孫がほら
今ここでナムナムしてるよ。

(まじぽん・愛知県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

旅だってからもうすぐ20年
でもたまに夢に出てきて
僕をしかってくれるありがたさ

(かさいいざかや・静岡県・54・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

「今日も元気だよ、ありがとね」
心配性のおじいちゃんに一緒に感謝を込めて
香りと語る、大切なひととき

(沙羅双樹・福島県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

住み慣れた実家を出て仕事人間になった私。
帰省を待っていた様に、天に召された祖母。
貴女を思い出す事もなかった私を許してね。

(マル・佐賀県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

朝、ストーブの火であたためてくれていた、
学校へついても温かかった私のうわぐつ。
おばあちゃんを思い出す冬がくるよ。

(こまま・栃木県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

素粒子物理学が、あなたの存在を証明する。
あの日、天に登った煙。今、立ち登る煙。
あなたは素粒子となり、ここにいる。

(ちんぴら・静岡県・47・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

去年まで、病院で過ごすばぁちゃんに
笑顔になってほしくて笑って側に居た。
今になって、泣き顔も見せれる様になった。

(ゆきんこさん。・宮崎県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

財産管理ちゃんとしないから
子供たちがもめることになるんだよ
自分はおじいちゃんみたいにはならないよ

(いーさん・宮城県・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

線香の煙を目で追った。
その先にあなたがいればと
いつも願う。

(雪村あかり・滋賀県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おじいさんの後頭部のかたちと
その控えめな気性をゆずりうけ
人生をせいいっぱい生きています

(宇野 ゾラ・岐阜県・49・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ばあちゃんは私のことを仏壇に話す
でも、じいちゃんは優しく聞くばかり
女二人に見つめられ恥ずかしそうに照れ笑い

(弓波・大阪府・14・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

仏壇の前で「おじいちゃんはね」と母が語り
知らない記憶はどんどん鮮やかになり
見守っているおじいちゃんは今日も笑顔です

(麦わら・岩手県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

寝る前のじいちゃんとのオヤスミの握手
いっぱい働いた手、でもすごく優しい手
ずっと覚えてるからね

(姫子・北海道・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

天国で二人で一緒に過ごしてますか?
私は元気に生きてます。
届け思い、線香の香りに乗って。

(静原舞香・東京都・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

幾つ年を重ねても
思い出した瞬間に涙が滲むのは
あなたが今も大切な人だから

(キョン・秋田県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

遊びにきたよ
最近やっと、お墓を建てたんだ。
やっと気持ちに慣れたんだ。

(佐橋 小太郎・岐阜県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

初めてのネクタイ、結び方を教えてくれた。
母と二人暮しをいつも気にかけてくれた。
爺ちゃんの知らない、ひ孫を連れていくよ。

(しゅう・東京都・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

心を澄ませば蘇るよ
あの頃語ってくれた
ちょっと訛りのある極上のストーリー

(こなお・東京都・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

朝には活力をもらい
夜には安らぎをもらう
心に語るつかの間のとき

(こなお・東京都・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

旬のものが手に入り
いの一番に供えたら
合わせ鏡のように手を合わせてるかも

(こなお・東京都・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

漂う線香のけむりで
穏やかで共に過ごした幸せな時間が
心に舞い戻る

(かねこやよい・神奈川県・51・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おじいちゃんちゃんと看取れなくてごめんね
今でもおじいちゃんが読んだ俳句
思い出して笑っているよ

(ミカリン・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

いなくなってからもう2年半ですね。
その間に出産をして男の子の孫が増えました
見せられなく残念です。空から見守ってね。

(かっかの孫・埼玉県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

辛い時しか来なくてごめん
ぺたんと座り「会いたいよ」って泣く私
風に舞う線香の煙と祖父母の愛に包まれて

(小雪・栃木県・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

お花を供えて、線香に火を灯し
目を閉じて、手を合わせて
今日も貴方を思います

(あいちゃん・神奈川県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

いつもにこにこしていたおばあちゃん
いつもおーいと呼んでいたおじいちゃん
今は二人 ずっと隣にいますか?

(ゆうゆうママ・山形県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

お墓のお骨を見て「死」を知りました。
二度と会えないと泣き叫んで拝んだ夏の日。
永遠ではないから一日を必死に生きるよ。

(つきなみ・福井県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

孫に買ってくれたピアノたちは
今もそれぞれの音を奏でているよ
そちらでは多重奏が聴こえるかな

(かいわれロンドン・熊本県・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

『よく来たね』いつも言ってくれた祖母
手を合わせるとその姿と声がよみがえる
栗を剥いてくれた、あの丸い親指も

(おはなちゃん・埼玉県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

ありがとう。お疲れさま。
よく、父と母を産んでくれました。
いつか、また。

(ぐっちょ・愛知県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

観覧車いつか乗りたいって言ってたよね
身体治して二人で乗って欲しかったよ
愛はお金なんかじゃ買えないでしょう?

(そらごとつむぎ・宮城県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん ごめんなさい
私 全然いい孫じゃなかったよね
もう大丈夫だから ずっと見守っていてね

(高橋聖子・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん ごめんなさい
私 いい孫じゃなかったよね
もう大丈夫だから ちゃんとするから

(高橋聖子・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん ごめんなさい
私 いい孫じゃなかったよね
これからは ちゃんとするからね

(高橋聖子・東京都・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

貯めた金で商店の基礎造りしたツメさん
伯父さんが作った座像は
三女真理恵が毎日掃除してます

(オネショ坊主・東京都・67・男性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

おばあちゃん、
ずっと見たいって言ってた花嫁姿見ても
おじいちゃんの元へはまだだからね

(キナコ・大阪府・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

じいちゃんの口癖 「いいんだ いいんだ」
お墓の前で口ずさむ もうこの目には
見えないけれど 言葉の中で生きている

(居間正三・群馬県・23・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おじいちゃん、おばあちゃん。
あの時、夢の中で一緒に笑ったね。
いつも、見守っててくれてありがとう。

(竹原千尋・神奈川県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

幾度となく生徒を送り、迎えてきた
祖母にとって、桜は特別でした。
「ばあちゃん、桜が開花したって。先生!」

(ゆっきぃー・宮城県・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

二十歳のときの最初で最後の祖父との宴会
次から次へといい酒を注いでくれたね
飲み交わした一生の思い出。忘れないよ

(ハム平・北海道・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

祖母の仏壇の前で紹介した初めての彼女。
大事な場所に連れてきてくれてありがとう
そう言ってくれた彼女が今の嫁さんです。

(ハム平・北海道・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

病院嫌いだった婆ちゃん。末期がんだったね
胃腸薬が減っていることに死後気付いたよ
もっと早く気づきたかった。ごめんね

(ハム平・北海道・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

旧家が禍禍しく潜んでいた頃、
村の期待を一身に受け、身を粉にした人。
深更、ルオーのイコンに涙することも・・

(傀儡師・群馬県・58・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

俺が家出する時、バアちゃんがくれた千円札
五十年経った今も持ってるよ
バアちゃんのように皺くちゃになったけどね

(なおえもん・千葉県・66・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

ありがとうを残して逝ったおじいちゃん
「ありがとう」は私の方だよ
お線香の煙に乗せていつも届けます

(ふなはしゆか・茨城県・22・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

いつも猫になりたいって言ってたから
猫を見るたび「おばあちゃん?」て聞くけど
どの猫がおばあちゃんなの?

(大蚊里伊織・愛知県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

今日も
元気にやっているよ
見守っていてね

(ラキア・栃木県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

大きくて柔らかかったおばあちゃんの耳たぶ
どれだけ触っても嫌な顔せずほほ笑んでたね
今なら分かるよ。その心の大きさ・柔らかさ

(かるあまる・大阪府・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

思い出すたびに流れる涙は温かいよ
私の誕生日に病院からかけてくれた電話
おめでとうって一言が不器用に笑ってたから

(れもん・青森県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

95歳まで元気だったおじいちゃん
私もおじいちゃんみたいにいつまでも
人生を楽しむから見守っていてね

(ミカリン・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

秋祭りにお婆ちゃんは欠かせない存在だった
誰もがみんな、お婆ちゃんの歌を聞きたくて
今年からは雲の上から笑って聞いていてね

(雪菜・静岡県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

今年、家の庭にたくさんの椿が咲いた。
よく見るとおばあちゃんの部屋の前。
これはあなたが咲かせてくれたんだね。

(めるこ・宮城県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

いつもお小遣いをくれたおばあちゃん
お陰で今も少し貯金があります
このお陰で生きて行くからね

(ミカリン・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おじいちゃん一度会いたかったけれど
私がおじいちゃんのぶんまでいきるから
天国から見守っていてね

(ミカリン・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

4人のおじいちゃんおばあちゃん
いつまでも見守っていて下さいね
いつか私がそちらに行く日まで

(ミカリン・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

あんたのお母さんの結婚式でも拒否したのに
そう言いながら、花束を受け取ってくれた
内弁慶なおばあちゃんの優しさ忘れないよ

(さや・愛知県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お祖母ちゃん、たくやは何かにつけて
「あ、これおばあちゃんが好きだったよね」
を連発します。ちゃんと覚えているよ。

(島根の ぽん太・島根県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「ワシが死んだら毎日線香を頼むよ」
「うん、わかった」と私。
私は毎日お線香をあげる。約束だもん。

(島根のぽん太・島根県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

なんでもできて、なんでも教えてくれる
おじいちゃんは私の先生でした。
今でも私の目指すべき人はあなたです。

(エビくじら・鹿児島県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おばあちゃん子だった私
お菓子を食べる仕草にふと
祖母を感じては止まる

(はなは・岐阜県・47・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

手の合わせ方、火の消し方
「こうやるんだよ。」と教えてくれた
おばあちゃんの言ってた通りにしてるからね

(犬のモニちゃん・北海道・23・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

迎えに来たね。
おじいちゃん、おばあちゃん元気?
いまはどこの国を旅行中なのかな?

(けいたり・神奈川県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

日本酒と釣りが大好きだったおじいちゃん
私の彼とそっくりだから許してくれるかな
春になったら結婚するよ 見守っていてね

(寅太郎・東京都・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

きっと遺伝だと思う。いや絶対に遺伝だ。
お墓の前で、こんなに賑やかなのは。
おしゃべり好きな、ばあちゃんの血だよ。

(シャルル・神奈川県・28・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

唯一の味方の、おばあさんがなくなり
その後、20年以上もひとりぼっち
幽霊でいいから会いに来て、おばあさん

(とし・埼玉県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

五十歳
もう年老いて分かったよ 
祖母の老後の不安な気持ち

(うさぎちゃんよ・岡山県・51・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

病弱な私とともに畑道を散歩した昔
あの道に咲いてた桜は枯れてしまったけれど
記憶の中では今年も綺麗に咲いています

(メランコリー平良・沖縄県・27・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

本命の大学の合格発表の日の朝
お仏壇に手を合わせてお祈りしたら
2本のお線香が勝利のVサインになったよ!

(かおり・埼玉県・19・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

この香りを
優しいと感じるのは
あなたのおかげです

(りょう・京都府・21・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お墓参りに行けなくてごめんね
わたし、
お母さんになったんだよ

(みーあきゃっと・神奈川県・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

懐かしい夢の中、祖母は笑顔で手を振ると
私を朝へ見送って、遠くの方に帰っていった
祖母の笑顔の花束は、いつも私の心の中に

(豆大福・青森県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

今年おばあちゃんからのお願いで
おじいちゃんの形見である琥珀のペンダント
私が引き継ぐことになりました

(うさ子・岐阜県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

何かある度に名前を呼んでしまうから
いつまでもゆっくりさせてくれへんなと
笑ってる顔が思い浮かんでくるよ

(小林智子・奈良県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お線香をあげて耳を澄ます
「世話あない、大丈夫じゃ」
じいちゃんの口癖が聞きたくて

(がづごん・山口県・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

あなたは私の心の中にいると思うから
心はきれいにしておきますね
だって汚いとあなたが居づらいと思うから

(うら・愛知県・33・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

誕生日に貴女が会いに来る夢を見た。
三年後にして初めて泣けた朝、
いつも傍にいてくれるのだと気付きました。

(流音・滋賀県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

じいじが好きだったクイズ番組の再放送
こんなに面白い番組
なんで一緒に見なかったんだろう

(緑インク・静岡県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「何もいのちまで取られるわけじゃなし」
優しく強く支えてくれたばあちゃんの言葉
今も私に踏んばる力をくれています。

(にのさん・東京都・49・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

昭和9年の室戸台風で殉職したおじいちゃん
お仏壇に遺されたその時の腕時計
私もこの時計に恥じない時を刻んで生きます

(水色ママ・京都府・62・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「幸せを祈っています」
結婚式前の祖父の言葉
一番のお守りになっているよ

(みっけんママ・兵庫県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

微かなあなたにさようなら
全てが何時か通る意味
心は消えゆくあなたのもとへ

(流星群・北海道・21・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

私が小さい頃に作ってもらったおやつ
お母さんは作れないんだって。
だから私が思い出して娘に作ってあげてるよ

(ママれもん・福島県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「ふん、安物の線香買ってきて」
自称いじわるばあさんはきっと言うよね。
あとで涙ぐむくせに。

(うにうに・新潟県・62・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

何も言わなかったけれど
一番期待してくれていた祖父
天に届ける合格の知らせ

(迂路のチーター・長野県・19・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

変わらぬ笑顔で迎えてくれるあなたの前で
変わりゆく僕は目を閉じている
感謝と願いを鐘の音に乗せ、二人の世界へ

(ソラ・和歌山県・21・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おはよう、元気だよ、今日も見ててね。
ねえ聞こえてる?パパの大事なおかあさん。
一度、会ってみたかったよ。

(菜花・熊本県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

次に生まれ変わっても、大好きなお二人の
子供か孫になりたいの。勉強も手伝いも
今度こそ頑張るから、ね、お願い。

(公子・三重県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

線香をあげる
温もりを感じる
頭が下がる

(アトリエ マエマ・愛知県・60・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

あの人に線香をあげる
あの人もこの人も手を合わせる
あの人に頭が下がる

(マエマ ツバサ・愛知県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

弟に子供が出来て連れて来た日
なんとなく家族で歩き出した
庭の花とありがとうを伝えに

(あまる・千葉県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

帰省途中、ふと柏餅が食べたいと購入し
備えたが、そういや祖母も生前好きだった。
やっと叶ったね、おばあちゃん孝行。

(tm・埼玉県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お線香の香りがおばあさんになりました。
手を合わせると必ず会える。
安心感につつまれます。

(102・秋田県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

箱を開けると、蛙の置物がいくつも出てきた
たった一人で蛙に帰るのを願っていたんだね
おばあちゃん、ただいま、私も会いたいよ

(あやり・北海道・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「泣くな」とおばあちゃんはいいましたね。
でもお線香をあげると、涙がとまりません。
この時だけは、泣くのを許してください。

(けいすけ・兵庫県・78・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

曾祖母真似て仏壇に手を合わせてた3歳児
今は仏壇の曾祖母の写真に手合わす大学生
ひいばあちゃんまんまんちゃんあーんが日課

(とりっこあ・大阪府・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

子供の頃、おばあちゃんがよく言ってた言葉
50歳になった今、よくわかってきた。
「おかげさんで」、って言葉の意味が。

(迷い猫・滋賀県・50・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「早くそっちの世界に連れてって」
そうじいちゃんに祈る難病の母親
1分1秒でも多く母と一緒にいさせてくれよ

(西の森なおや・東京都・34・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

希望の大学に落ちた私に微妙な反応の周囲
電話口で頑張ったねと泣いてくれたのは
あなただけでした。ありがとう。

(なつ・福岡県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「醤油の量、これでええかな?」と尋ねても
多分あなたは言うよね、「だいたいでええ」
そのええ加減さが大事だと最近思います。

(にんじん・京都府・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

ばあちゃんって線香臭いって思ってたけどさ
ばあちゃんがいなくなってからはさ
会いたいから毎日焚くんだよ、線香。

(とうがらし・京都府・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

体が辛くて大変なのに「私が好きだから」と
買ってきてくれた和菓子 本当に嬉しかった
ありがとう、大好きなおばあちゃん

(chibikko・東京都・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

失業中の息子が線香を上げるようになった。
「おじいちゃん何とかしてあげて下さい。」
私も願い鐘を鳴らす。

(マリーヤ・埼玉県・54・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

子供嫌いのおじいちゃんだったけれど
私をだっこしている写真がたくさんあって
それを見るたびに泣きそうになるよ

(こんちゃん・大阪府・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

毎日見守ってくれてありがとう
会わせたかったひ孫が毎日お供え取ったり
線香の灰で遊んでるけど笑って許してね

(りん・茨城県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

心配しないでね。
まわりのことばかり考えてたあなただから。
でもちょっと、たまには心配してね。

(大野美波・埼玉県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

会いたい、会いたいよ、ばあば
お化けでも、幽霊の姿でもいい
その手に触れたい、もう一度だけでいいから

(なつみかん・兵庫県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

昔よく作ってくれたフレンチトーストね
この前6歳の娘に作ってあげたらさ
お父さんすごい天才!って(笑)ありがとね

(おちよばあちゃん・東京都・44・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

結婚しました
孫の顔も見られないと思われていた貴女に
ひ孫の顔を見せてあげたかったです

(ともか・大阪府・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

ばあば、会いたがってたこの子が生まれたよ
目元がばあば、あなたにそっくりです
確かに渡したから、命のバトンをこの子に

(なつみかん・兵庫県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

交わした言葉は少なかったけど、
いつもおじいちゃんは笑っていたね。
また、しゃべりに来るからね。

(朱・愛知県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

覚えてる?小さな私のお気に入り
牛乳、りんごと、それからスポロン
ほんのり ぽかぽか 祖父とのおつかい

(ほるん・沖縄県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

祖父母の家を訪ねて仏壇にお線香をあげると
「がんばれ、いつもおうえんしているよ」と
ほほえむ、変わらぬ祖父母の深い愛情

(ひーちゃん・栃木県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お線香あげる束の間ひと時の
けむりの揺らぎの向こうには
ご先祖様の笑顔がいっぱい

(童顔ほしゆき・高知県・54・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

手をあわせると、「おー、おつかれ!」と
ビールを片手に笑顔の祖父。
ありがとう。私、今日もがんばれたよ。

(実灯路・東京都・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お線香って何のためにあるのか分かったよ
それはきっと、おばあちゃんを思い出す為
ごめんね。今までお線香あげれなくて。

(風月鈴・大阪府・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

初めて会ったとき、寝たきりでした
私は一緒に遊べなかった分、あなたの息子は
私の息子とたくさん遊んでくれてます

(まろん・宮城県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

婆ちゃんのホットミルクを思い出す。
僕は5才。貴方は交通事故で天国へ。
無事故無違反31年僕を見守る貴方に感謝。

(Cricket・熊本県・51・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おじいちゃんおばあちゃん
私わ今とてもつらいです
どうかお力を与えて下さい

(みか・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おじいちゃんおばあちゃん
私わ今とてもつらいです
どうかお力を与えて下さい

(みか・群馬県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

たまにしか会えなくて、いざ会った時は
照れて伝えたいことは何も言えなかった
手を合わせるよ もう遅いなんて言わないで

(ツバキカワ・大阪府・22・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

覚えてなくとも心があったかくなれる
「抱っこしてもらったこともあるんだよ」
頑張るから見守っていてねおばあちゃん

(みやこ・埼玉県・20・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

周りの幸せが自分の幸せと言ってたけど
もう私が私を一番に幸せにしてもいいよね
ね、おばあちゃん

(ひだまり・愛知県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

いつかきっとまた会えるよね
墓前で子どもが聞いてきた
その日の寝顔に笑顔が浮かんだ

(こなお・東京都・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

妹が今日から旅行へ行くらしい
お線香あげていきなと言う母に
もうあげてきた! 化粧途中の彼女は言った

(あずま・静岡県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「なむなむする」と
聞いて育って二十余年
「拝む」とは少し違った意味なのです

(あずま・静岡県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

私、がんばるから
そこから見守っていてね
今でも大好きなおばあちゃん

(ぽえまる・大分県・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

帰ってきたよ。また行ってきます。
安らぎの場所。
いつも心をリセットしてくれる。ありがとう

(シロ・福岡県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

おじいちゃんが
毎日の無事を祈ってくれていたこと
思い出してまた手を合わせます

(ガーベラ・神奈川県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

お線香の煙が目に沁みるね。
そう言い訳するけど涙が止まらないのは、
お婆ちゃんと同じ匂いがするからなんだ。

(BABY・埼玉県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

二人のひ孫は15、18才に
上にも横にも伸び、ハンサム風
ぴぃーちゃんの自慢だね

(おめぐ・宮城県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

しめやかな式かもしれない
だされた料理せめて
皆にふるまいよろこんでほしい

(石田衛・福島県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

あのころは知らなかった
亡くなって大泣きした
見守ってくれたなんて

(石田衛・福島県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

20年が経ちます
あのころがなつかしい
自由に遊ばせてくれたおばあさん

(石田衛・福島県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

遺影を持ちながら前を歩く
その後に列が並ぶ
その姿に悲しみを覚える

(石田衛・福島県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

火葬される前の姿
もう見ることはできない
骨になって地にかえる

(石田衛・福島県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

ほっとする線香の香 先祖さま 
この香 ご先祖さまから おくりもの
線香といきる喜び おしえてもらう

(モコタ・愛知県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

桜を折ったこと、叱られなかったよ
寝たきりの祖母が喜んでくれたこと
作文に書いたら先生に褒められたよ

(マッセ・兵庫県・52・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

新しい言葉を見つけるたびに、思い出す。
80過ぎても、辞書を引いていた祖母を。
私は留学出来て、今も幸せよ。

(のりちゃん・和歌山県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

まだ歩けたころの若い祖母
今日も四角い絵の中で笑っている
漸く会えた祖父と楽し気に

(東里かなめ・神奈川県・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

孫が僕一人で寂しくはなかったですか。
ビスケットいつも有難うございました。
今日は3人のひ孫が仏壇に3枚供えます。

(下っ端役人・愛知県・52・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

いつも私を守ってくれてありがとう。
私が危険な目に合わないように。
いつも一緒にいてくれて本当にありがとう。

(とんまる。・東京都・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

私にライターを触らせなかったじいちゃん
今では安全に火をつけられるようになったよ
写真の中で、祖父は笑っている

(ライター・熊本県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

生涯を畑に捧げたお婆さん
新鮮な野菜で育った母が
耕す土はまたあたたかい

(各下奈磨江・京都府・40・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

「今どこにいるの?」と祖母に聞いてみた。
「だらしないから、心配で忙しいわ」と
皆の世話をやいてまわっているしい。

(伽羅 ・大阪府・31・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

いつも、お喋りが大好きなお婆ちゃん
病気で声が出なくなっても無理してたね
僕のこころの声は届いてるかな

(D・愛知県・36・男性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

見知らぬ神さまより身内の仏さま
試験前は本数増量なむあみだぶつ
「じいちゃん、今回も何卒よろしく」

(Em・宮城県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第11次応募作品】

反発もしてあまり口も聞かなかったけど
貴方の言葉が今の私を導きました
「お前はお前の好きな道を行け」

(あん・東京都・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

そっちのくらしはどうかな
げんきにしてるかな
私は元気よ しんぱいしないで大丈夫

(KUMATAMAGO・東京都・11・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

私が会うことは叶わぬ祖父。
私の父が幼い頃に亡くなった。
私を見て皆言う。「あの人」に似てるって。

(橘高ミハネ・東京都・30・男性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

大切な人ができました
出会わせてくれたのかな
ありがとう、おじいちゃん

(雷・山口県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

背の高いおじいちゃんと向き合えるひととき
線香の煙はわたしの想いを乗せて
天国へとそっと運んでくれる

(こはくま・千葉県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

人は根が明るくないといけないよ。
そういっていつもニコニコ笑っていた。
大丈夫、ニコニコ笑ってるよ。

(ひまわり・宮城県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

ばあちゃん、休みの度にじいちゃんと
海の見晴らし良い所へ出かけたっけ。
今見ている海はもっと見晴らしいいですか?

(そらごとつむぎ・宮城県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

笑顔の裏で実は自分の死期を感じていたの?
幻覚でいい最期私に会ってくれてありがとね
お腹すくでしょお線香いっぱいたいておくね

(まあち・静岡県・17・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

ごめんね、あんまり会いに行かんで
悲しかったの。私の事忘れいつも険しい顔
後悔したよ。今看護で患者に寄り添ってます

(あい・広島県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

じいちゃん、おれも成人したよ。
怖い中にも優しさ持ってるじいちゃん!
おれの中では世界一のじいちゃんやっさ。

(けいちゃん・沖縄県・20・男性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

おじいちゃん、おばあちゃん、元気ですか?
今年の4月一日に、我が子を授かりました。
空の上から見てあげてください。

(友紀子・埼玉県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第9次応募作品】

会いたいよ
も一度会いたい
会えるなら

(のりのり・福島県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

『美味しいなぁ』 と食べてくれてた南蛮漬
あの笑顔を思い出すから
お供えしてもええやろか?

(sayurin・兵庫県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

いろんなところへ連れていてくれたね。
本当に楽しかったなぁ〜。
楽しい思いで、ありがとう、おじいちゃん。

(kura-chan・神奈川県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

あれから、32年になるね
お爺ちゃんが亡くなってから7年後に
生まれた私を見守ってね

(平等清和居士・栃木県・25・男性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

天国のばぁちゃんへ 今年も筍炊いたよ。
でもばぁちゃんの味には勝てそうもないよ。
ばぁちゃんの若竹煮が食べたいよ〜

(あーさまま・大阪府・55・女性・祖父へ・祖母へ)

【第8次応募作品】

一度しかない人生の中で出会えたこと
神様がいるならお願いして欲しい事あるんだ
生まれかわってもまた孫にしてしてねって

(りぃ・神奈川県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第7次応募作品】

御爺ちゃん。お話したい事があります。
天国に下界チケットはありませんか?
幽霊でいい。会いたい、会いたいよ。

(金魚注意報・愛知県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第6次応募作品】

おじいちゃん
今日も穏やかな一日になりますよう
見守って下さいね

(star・茨城県・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第6次応募作品】

メールの送り方、教えておけばよかった
そうしたらいつでも、今すぐにでも
ばあちゃんの手紙が読めたのに

(白梅・福岡県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第4次応募作品】

想い出は 時とともに薄れるけれど
お線香の匂いがすると
わたしの中のおばあちゃんが 笑っていたよ

(若菜つばき・神奈川県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第4次応募作品】

じいちゃんばあちゃん
ここに座るといつも思います
どんな顔をしていらっしゃったのかな?って

(くみこ・静岡県・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第4次応募作品】

おばあちゃん、いつも笑ってた。
大切な人の前では元気でいたい気持ち、
教えてもらったの、たたかう皆さんに。

(りぃ・山形県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

おばあちゃん 今、どこにいるのかな
結局、会えたのは眠ってからだったね
出来ることなら、また話したいよ

(コンドル・栃木県・24・男性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

あなたの最後の顔、
みんな綺麗だねって見つめてた。
ありがとう、大好き。

(心愛・兵庫県・21・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

病気で苦しんで逝ってしまった祖母
この前見た夢で元気な頃の祖母に会いました
私、結婚したよ。今度、夢の中で紹介するね

(まみまむ・和歌山県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

あなたが生きていた時間
あなたにたくさん愛をもらいました
あなたへの感謝を祈りにかえて・・・

(airi・奈良県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

娘の誕生日になると別れの日を思い出します
あれから6年、もう5歳になるんだよ
今年の誕生日もお祝いするから帰ってきてね

(えり・大阪府・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

おじいちゃんにいつも
「お線香くさい!」って言ってたけど
今度は俺が線香くさくなるかもな。。。

(KAZ・京都府・42・男性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

真冬なのに、穏やかで、暖かい日
おじいちゃんは、いってしまった
小春日和は、おじいちゃんのことやね

(里江子・香川県・28・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

おじいちゃんの最後の言葉。
『まっこ がんばれよ。』
私は約束守れてるかな…。

(まっこ・福岡県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

おばあちゃんとの小さい頃の約束
花嫁姿も孫の顔も見せる事が出来ました。
おばあちゃん、がんばったね。

(ひかる・大阪府・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

ばあちゃんとは会えたかい?
先に逝っていた兄弟や仲間とは会えたかい?
私達とは会えなくなったけど元気でいてね。

(またく3・北海道・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

じいちゃんは無事にそちらへ着いたかい?
今度はケンカせずに仲良くしてね。
私達も元気に仲良くやって行きます。

(またく2・北海道・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

おばあちゃん
あちらでゆっくり過ごしていますか
かわいい孫が出来たよ笑顔を見せたかったな

(ごご・東京都・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

花嫁姿もひ孫も見せてあげれなくてごめんね
また私のじいちゃん、ばあちゃんになったら
きっと見せてあげるね

(またく・北海道・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第3次応募作品】

祖父を交通事故で亡くしました
神様なんていない、仏様なんていない
そう思いつつも毎日線香に火を灯してる

(SKI・宮城県・24・男性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

少しだけ物忘れがでたけれど、最後まで
私の事覚えていてくれてありがとう。今ね、
同じ笑顔で、パパが私の娘に笑いかけるよ。

(ぴょんちゃんぴーちゃんジョイくん・埼玉県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

大工だったおじいちゃんが
こっそり家の下に埋めてくれたおまじない。
おかげで家族みんな元気です。ありがとう。

(きのこ・神奈川県・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

初孫の私。大学入試や成人式。生きていたら
どんなに喜んだか、ママに言われ続けたよ。
初曾孫じゃないけどね、私にも生まれたよ。

(ぴょんちゃんぴーちゃんジョイくん・埼玉県・41・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

買ってくれた愛車 もうすぐ22万キロ
皆が言うよ「そろそろ乗り換えたら」って
物を大事にするおばあちゃん!!いいかな?

(sky stone・愛知県・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

手を合わせながら思う
こころのなかにいつもいるなんていうけど
やっぱりほんとの笑顔がみたいよ

(旅人詩人・静岡県・43・男性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

覚えているよ ママのおなかの僕に
いつも優しく話しかけてくれた温かい低い声
僕の目元おじいちゃんにそっくりなんだって

(ぼくのママ・大阪府・30・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

お祖父ちゃん、そちらからこちらに
向かっている命はありませんか?
その子が貴方のひ孫です。

(まるいのり・茨城県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

毎日、保育園への送り迎えをしてくれたね
学校から帰ると、いつも家にいてくれた
両親は忙しかったけれど、寂しくなかったよ

(ゆうちゃん・石川県・39・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

最後の言葉、明るくて将来有望な人と生きや
今隣で笑ってる人は貴方と同じ仕事に必死
じいちゃん、この人で良かったでしょ

(ともぽん・三重県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

おばあちゃん、わたしがんばっているよ
タカラジェンヌになったら、おばけになって
絶対みにきてね。わたしすぐわかるから。

(ひかるちゃん・千葉県・8・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

目に染みる
祖父母の笑みに
手を合わす

(おおつきらい・東京都・35・男性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

最近ねぇ。
眠ることが、楽しみです
夢で、ばあちゃんと会えるから……

(百日草・愛知県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

久しぶりの里帰り、珍しいね皆が揃うの
おじいちゃんが、心配して皆を集めたのかな
ありがとう、おかげさまで皆元気でしょ。

(アブママ・埼玉県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

七歳で会えなくなった大好きなおじいちゃん
いつも私の中で 励ましてくれていたよね
これからは私の孫達を 守ってやって下さい

(dayちゃん・富山県・51・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

出がけにあわてて鞄から鍵を取り出すとき
いつも手に触れるのはおじいちゃんの時計
気をつけていけよってことだよね

(はちみつ・兵庫県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

なぁ、じいさん。
大好きじゃよって、素直に言えんでごめん。
一人暮らしの部屋、二人の写真飾っとるよ。

(翔子・広島県・22・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

ねえ、おばあちゃん生まれたよ
赤ちゃん見るまでは頑張るって言ってたのに
これからは空からこの子を見守っててね

(まぁ・東京都・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

両親共働き 入院やめてまで家にいてくれた
何事も後で気づき反省できればいいと言った
今更反省する反抗期 ごめんね、ありがとう

(りゅよん・北海道・29・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

実家までバスで4時間、さらに車で1時間、
仕事中に私を見つけた時の爺ちゃんは、
くしゃくしゃに笑って幸せそうでした。

(めっちゃん・北海道・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

じいちゃんの言った言葉。
厳しくもあたたかい、
言葉をありがとう。

(あすなろ・千葉県・40・男性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

おじいちゃん、私達の子供が産まれました
名前はこうがです。抱っこさせたかった
そちらから成長見守ってて下さいね。

(こうがのママ・福岡県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第2次応募作品】

小さい頃、何でも教えてくれたおばあちゃん
苦しい時に、何故かお祈りの姿が浮かびます
今は南無阿弥陀仏がおまじないです

(morisita .・富山県・55・男性・祖父へ・祖母へ)

【第1次応募作品】

看護師の仕事はつらいけど
いつもおじいちゃんの言葉が支えなの
「人が嫌がる仕事をしなきゃ駄目だぞ」って

(・宮城県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第12次応募作品】

「私も頑張るから。じいちゃんも頑張らい」
電話の後、点滴だけで、二か月も頑張った。
そんなじいちゃんは、今も私の自慢です。

(みくも・千葉県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

このページのトップへ